AutoCAD(DWG/DXF)・Jw_cad(JWC/JWW)・SXF(SFC・P21)の3形式CADファイル及び画像ファイル、さらにOffice文書にも対応した監視フォルダ型PDF一括変換サーバソフトウェア「CALS-PDFserverシリーズ」を販売開始

株式会社マイクロアーツ 2007年09月11日

株式会社マイクロアーツ(本社:会津若松市、代表取締役:千葉宣明)では、SXF形式、AutoCAD形式、Jw_cad形式の各CADデータに対応したPDF一括自動変換サーバ「CALS-PDFserver」と、CADデータとワード・エクセルなど、Office文書にも対応したPDF一括自動変換サーバ「CALS-PDFserver FX」を販売開始いたします。

 「CALS-PDFserver 」は、図面の電子納品における標準ファイルであるSXF形式と世界的に高いシェアを持つCADソフト「AutoCAD」及び建設業や製造業等2次元CADで最も多く使われている「Jw_cad」で作成した図面データをネットワーク上の変換サーバで集中的にPDFへ一括自動変換するためのサーバソフトウェアです。クライアント側に各々PDFドライバをインストールする必要はありませんのでクライアントPCの負荷を軽減できます。
 本製品では、変換サーバ上の共有フォルダに、クライアントPCから変換対象ファイルをドラッグ&ドロップするだけで、全自動かつ高速に高品位PDFを生成します。また、本製品はCADデータのベクトル情報を忠実に再現することにより高品質を達成するとともに、セキュリティ、レイヤ、ファイル添付、QRコードなどを含んだ高付加価値PDFを生成可能です。
 さらに「CALS-PDFserver FX」では、WordやExcel、PowerPoint各形式のOffice文書も一括自動変換しますので、CALSに関わる図面や文書を一括してPDF変換することができます。
 既に、姉妹品である「ZumenPDFserver」は官公庁をはじめ建設業、製造業など幅広く御導入いただき、高い評価を受けています。販売対象としては、官公庁や自治体、建設業など図面の配付からWeb公開、電子納品、図面管理など図面に関わる広い分野での活用が可能です。

■製品ラインナップ
 CADデータ・画像データ対応版
 ・CALS-PDFserver        オープンプライス
 ・CALS-PDFserver Lite     オープンプライス

 CADデータ・画像データ・Officeデータ対応版
 ・CALS-PDFserver FX     オープンプライス
 ・CALS-PDFserver FX Lite  オープンプライス

■製品についての問合せ先
開発元:株式会社マイクロアーツ
所在地:〒965-0872 福島県会津若松市東栄町1-14
(リンク »)
Tel: 0242-26-9920 Fax:0242-29-7194

このプレスリリースの付帯情報

CALS-PDFserver

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社マイクロアーツの関連情報

株式会社マイクロアーツ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?