ゲッティ イメージズ 音楽ライセンス「Soundtrack」発表 遂に音楽サービス開始!

ゲッティイメージズジャパン株式会社 2007年10月09日

商業用写真、フィルムのインターネット販売を行う、世界最大規模のビジュアルコンテンツプロバイダー、ゲッティ イメージズ(本社:ワシントン州シアトル、日本法人代表取締役 ショーンF. ムーニー
URL:  (リンク ») キャンペーンサイト: (リンク ») )は、新しい音楽ライセンスサービス「Soundtrack」を発表しました。Soundtrackは、最近買収したPump Audioが開発した音楽ライセンスであり、世界で活躍する独立系アーティストやバンドのオリジナル楽曲を2万曲以上おさめられており、放送業者やフィルム製作業者、また広告主に音楽を提供することができます。
ゲッティ イメージズの創設者及びCEOのジョナサン・クライン(Jonathan Klein)は、「ゲッティ イメージズは、前例のないデジタルコンテンツに挑戦しています。我々のお客様は様々な業種からなり、イメージ、動画だけでなく、音楽の需要も高まってきておりました。Pump Audioを6月に買収した時、この音楽需要の高まりから、革新的なダイナミックな新しい音楽プラットフォームができると確信していました。そして、このSoundtrackはその第一歩となります。」と述べています。
今後、Soudtrackにより、迅速にweb上で音楽を使用することが可能となります。      
MTV NetworksのグローバルデジタルメディアのプレジデントであるMika Salmi氏は、「ミュージック業界のリーダーとして、すばらしいオリジナル楽曲を常に探しています。我々は、Pump Audioから、求めている新鮮なサウンドを見つけていました。 そして今、ゲッティ イメージズと統合されたことにより、デジタルメディアソリューションはより進化していくでしょう。」と述べています。

Pump AudioのCEOであるスティーブ・エリス(Steve Ellis)は、「Soundtrackは、迅速に素晴らしい音楽を提供できるツールです。全てのクリエイターやエディターは、音楽を簡単に探すことが出来ます。MTVやBBC、DiscoveryそしてNew Line Cinemasは、もはや頭を悩まさずに素晴らしい音楽を入手することが出来るでしょう。」と述べています。
Pump Audioのアーティストは、今後、広く認知されていき、収入を手にすることが出来ます。
ゲッティ イメージズは、あらゆるミュージシャンやアーティストにチャンスを与える音楽プラットフォームを作り続けていきます。また、大手レコード会社や出版社と提携する計画です。

※現在、Sound Trackは英語版のみとなっております。

《ゲッティ イメージズについて》
ゲッティ イメージズは、世界中のコミュニケーションプロフェッショナルに向けて、最大で最適なスチル写真・動画コレクションを制作・提供する、世界有数のイメージコンテンツプロバイダー。スポーツやニュースなどの報道写真から、歴史資料的イメージやコンテンポラリーなイメージにまでおよぶゲッティ イメージズの製品は、新聞、雑誌、広告、映画、テレビ、書籍、ウェブサイト等、あらゆるメディアで日常的に利用されています。ゲッティ イメージズのウェブサイト( (リンク ») )は、その優れたコンテンツ群から、多くのクリエイター達にイメージの検索・購入先として支持されています。ゲッティ イメージズは、ワシントンのシアトルに本社を構え、100ヶ国を超える国々に顧客を有するグローバルカンパニーです。詳しくは、ゲッティ イメージズのキャンペーンページ: (リンク ») をご覧下さい。

〔リリースに関しての問合せ〕
N&Mプロジェクト 赤石
電話: 03-6421-6100
Emai: getty@nandmproject.com

〔ゲッティ イメージズ ジャパン〕
東京都渋谷区神宮前1-3-12 ジブラルタ生命ビル2F
電話: 03-5770-0610
URL:  (リンク »)
キャンペーンサイト:  (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ゲッティイメージズジャパン株式会社の関連情報

ゲッティイメージズジャパン株式会社

ゲッティイメージズジャパン株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!