死刑望む声多し - 光市母子殺害事件 差し戻し審の判決は? - 【調査実施】

株式会社イクオリティ 2007年10月11日

現状死刑を望む声は多いが、行方に注目が集まる「光市母子殺害事件 差し戻し審の判決」 について   ~Web2.0型世論調査サイト『リアヨロ! - リアルタイム世論調査@インターネット』上で、   調査実施中 ~

株式会社イクオリティ(東京都台東区、代表取締役社長:岩山幸洋)は、

行方が注目されている光市母子殺害事件の裁判に関して、

Web2.0型世論調査サイト『リアヨロ! - リアルタイム世論調査@インターネット』上で、
10月当初より実施されている調査

「光市母子殺害事件 差し戻し審の判決は?」

の途中結果をお知らせいたします。


【質問文】


9月18日より3日間、光市母子殺害事件の差し戻し審が行われます。
この事件の犯人には・・・
(1)死刑判決を下すべきだと思いますか?
(2)死刑判決が下ると思いますか?それとも回避されると思いますか?


【調査結果】  -2007年10月8日 8時現在

・(1)死刑判決を下すべきだと思う 251票(89.01%)

・(1)死刑判決は回避されるべきだと思う 6票(2.13%)

・(2)死刑判決が下ると思う 158票(56.03%)

・(2)死刑判決は回避されると思う 22票(7.8%)

・この事件に興味・関心が無い 4票(1.42%)

・その他(コメント欄、掲示板をどうぞ) 11票(3.9%)

・白紙票 2票(0.71%)


【結果画面URL】
(リンク »)


リアルタイム調査結果は、回答することにより閲覧することが可能です。
結果画面では回答者のコメントを確認できるとともに掲示板上では様々な観点からの
議論も行われております。

------------------------------------調査概要------------------------------------------------
調査期間 :2007年9月18日より12月18日まで実施中
調査方法 :インターネット上での公開型アンケート調査
調査対象 :インターネット利用者
回答数   :282  (10月11日 8時現在)
回答者属性:
 男女比 男性 80.9%  
女性 19.1%
年代比 10代 3.9%  
20代 14.2%  
30代 38.3%  
40代 29.1%  
50代 12.1%  
60代以上 2.5%
 地域比 北海道 6.4% 
東北 4.6% 
関東 40.1% 
中部 14.5% 
近畿 17.4% 
中国 6.7% 
四国 1.8% 
九州・沖縄 7.4%    
--------------------------------------------------------------------------------------------


■リアヨロ! - リアルタイム世論調査@インターネット(  (リンク »)  )について

  リアヨロ!では、旬な話題から骨太なテーマまで、誰でも自由に調査をすることができ、その場で世論を見ることができます。
  ホンネの議論も盛んで、多様な価値観に出会える、Web2.0時代の世論調査サイトです。
  (各調査は、同一利用者による多重回答防止に配慮したシステムにより実施されております)

■株式会社イクオリティ 会社概要
  ・会社名: 株式会社イクオリティ
  ・代表者: 代表取締役社長 岩山幸洋
  ・資本金: 1,000万円
  ・設 立 : 2005年12月28日
  ・所在地: 東京都台東区浅草橋2-8-6-404
  ・TEL :  03-5468-9435 ・FAX : 03-5468-7177
  ・URL :  (リンク »)  ・Email: info@equality.co.jp
  ・事業内容: - 世論調査/市場調査受託(電話調査)事業
         - インターネットメディア事業
- Webサイト構築/運用支援事業


■本件に関するお問い合わせ
  ・会社名: 株式会社イクオリティ
  ・担当者: 岩山
  ・TEL  : 03-5468-9435  ・Email :info@equality.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社イクオリティの関連情報

株式会社イクオリティ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!