■フィードフォース、RSS統合管理サービス「RSS Suite」のRSS生成・活用機能を大幅に増強

株式会社フィードフォース 2007年11月13日

RSSフィードを用いたマーケティング支援を行っている株式会社フィードフォー
ス(東京都文京区、代表取締役社長:塚田耕司、以下「フィードフォース」)は、
自社が運営するASP型のRSSフィード統合管理サービス「RSS Suite」において、
顧客企業のWEBサイトからRSSフィードを自動生成できる「RSS生成機能」や、取
得したRSSをWEBサイト上で様々に利用できる「RSS活用機能」を大幅に強化いた
しましたので、下記のとおりお知らせいたします

◇RSS Suiteについて
フィードフォースのRSS Suiteは、大規模かつ複雑なサイト上でRSSフィードを効
率的に管理するための機能を持ち、RSSの生成から活用、効果測定までの機能を
カバーする法人向けRSS統合管理ツールとして、大手企業を中心に国内最大(※1)
の導入実績を持つASP型サービスです。

◇「RSS生成機能」の強化について
お客様のサイト上の情報から自動的にRSSを生成して運用する「RSS生成機能」に
おいて、従来はHTMLのタグをベースにして更新情報を認識しておりましたが、今
回の機能増強により、HTML構造に関わらず文字パターン等を利用してRSS生成を
行うことが可能になりました。

これにより、より多彩なデータをRSSフィードに自動変換して運用することが可
能になりました。機能の詳細は以下の通りです。

・パターンマッチ機能:文字列のパターンによって、HTMLだけでなく、
JavascriptやCSVファイルなどからもRSSフィードを生成可能。
・出力テンプレート機能:複数の抽出箇所を合成したり、複雑な文字列を取得し
て加工したりすることが可能。
・抽出箇所出現位置の詳細指定機能:パターンの出現位置を複数の箇所から指定
することが可能。

◇そのほかの機能強化について
そのほか複数の機能を増強いたしました。詳細は以下のとおりです。

・シンジケーション機能:RSS化したコンテンツを、お客様のサイトにあわせて
自由に整形して、javascriptを用いて簡単に表示可能。
・リンクパラメータの複数管理機能:RSSフィードの掲載箇所ごとにパラメータ
を設定し、広告効果の測定などに利用可能
・RSSフィードのコピー機能:新しいRSSフィードを、既存のフィードの設定を元
にして容易に作成することが可能。

◇今後の計画について
今後もフィードフォースでは「法人様のWEBマーケティングを、RSSフィードを使っ
て拡充、効率化する」ことを中心に、導入が容易でかつ実務上のニーズに応える
機能やサービスの拡充に努めて参ります。


【フィードフォース株式会社の概要】

・商 号:株式会社フィードフォース
・所在地:東京都文京区小石川1-2-1 出光後楽園ビル5F
・設 立:平成18年3月
・代表者:塚田耕司
・電 話:03-5840-7106
・事 業:RSSフィードを用いたマーケティング支援
・U R L : (リンク »)


【本件や取材に関する問い合わせ先】

株式会社フィードフォース
・担 当:喜多・阿部
・電 話:03-5840-7106
・メール:sales@rsssuite.jp

※1 自社サイト上の事例掲載数に基づく

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社フィードフォースの関連情報

株式会社フィードフォース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!