ネットエイジアリサーチ 高校生とケータイとの関わり方についての調査結果

~ニュージェネレーション世代のケータイとは~

ネットエイジア株式会社 2007年11月22日

モバイルリサーチ(http://www.mobile-research.jp/)を展開するネットエイジア株式会社(http://www.netasia.co.jp/)(本社/東京都港区、代表取締役:三清 慎一郎、以下ネットエイジア)では、「高校生とケータイとの関わり方」に関する自主調査をモバイルリサーチ(携帯電話によるインターネットリサーチ)により実施しました。 現在の高校生がケータイを持ち始めたときには、iモードサービスは既に開始され、ケータイでのネット利用が当たり前の世代となっています。また、ケータイの新しいカルチャーや利用の最先端の世代となっており、ケータイのニュージェネレーションと呼べるパワーも持ち合わせているといえます。ネットエイジアでは、この点に着目し、15歳~18歳の高校生ケータイユーザーに対し、調査を実施、1000名の回答を集計しました。 今後もネットエイジアでは、世の中の関心が高いテーマの調査、今後のトレンドを占える調査など、マーケティングシーンで役立つさまざまな情報をモバイルリサーチにより、タイムリーに提供してまいります。

<<ネットエイジアリサーチ( (リンク ») )調査結果>>
◆ 自分専用ケータイを持ったのは「中学生時代」・・・半数以上
 ケータイを初めて持った年代は、「中学3年生」との回答が26.2%、「中学2年生」14.3%、「中学1年生」13.2%と中学生時代にケータイを持った比率は53.7%と回答者の半数以上だった。地域別で見ると、関東の高校生では中学生でケータイを持った割合が59%と他地域と比べて高かった。また、「小学校入学以前」を含めた「小学生でケータイを所有」した割合は15.3%となっている。

◆ ケータイは何の道具?・・・男子高生は「コミュニケーション」「メール」
女子高生は「生活するため、絶対なくてはならない道具」
 「ケータイといえば自分にとって何のための道具か?」と聞いたところ、男子では、トップ3は、「コミュニケーションするための道具」25.2%、「メールするための道具」22.4%、「何でもできる万能な道具」18.2%だった。一方、女子高生では、「生活するため、絶対なくてはならない道具」との回等が30.2%でトップ、次いで「コミュニケーションするための道具」23.6%、3位は「メールするための道具」16.4%となっており、男女間でケータイの位置づけが違う傾向が見られた。 

◆ ケータイは今の生活で一番必要・・・パソコン・テレビ・ゲーム機との比較
 「ケータイ」「パソコン」「テレビ」「ゲーム機」の4つの機器のうち、取り上げられると最も困るものを聞いたところ、全体では「ケータイ」との回答が73.4%で最も多かった。以下「パソコン」11.8%、「テレビ」11.7%と続き、「ゲーム機」は3.1%と少なかった。男女別に見ると、女子で「ケータイ」との回答が81.2%に上り、男子の65.6%に比べ比率が高くなっている。女子の2位以下は「テレビ」(10%)「パソコン」(8%)、男子では、「パソコン」(15.6%)、「テレビ」(13.4%)となっており、男女間でIT機器の位置づけが違うことが読み取れる。

◆ ケータイの支払いは「全額親」・・・80%
月額のケータイ料金は「7,000円」27.1%、「8,000円」18.1%、「1万円」12%が上位3。平均は7,520円だった。ケータイ料金の支払いについては、「全額親」が80.2%、「全額自分」10.2%、「自分と親が半々」4.4%、「自分が大半で、少し親が援助」が3.3%と、親頼みの実態が明らかとなっている。

◆ 高校生の「生活の中の楽しみ」
  今の生活で楽しいと思うことを複数回答で聞いた、「友達としゃべる」「友達と遊ぶ」「寝る」がトップ3。以下、「テレビを見る」「マンガを読む」「ケータイでメールする」「ショッピング」「通話・メール以外のケータイ利用」「ゲームをする」「食べること」となっている。
 
□調査概要(クローズド調査)
○調査対象・・・高校生のケータイユーザー
○調査地域・・・全国
○調査期間・・・2007年10月20日~26日
○回答サンプル数・・・ 学年;高校一年生27.2%、高校二年生40.3%、高校三年生32.5%、
性別;男性50%、女性50% NTTドコモ48.2%、au37.4%、ソフトバンク14.4%


ネットエイジアモバイルリサーチ( (リンク ») )会員機種カテゴリー(一部紹介)
★ワンセグケータイ保有・・・合計13,739
キャリア別内訳:「NTTドコモ」・・・3,713 「au」・・・6,766  「ソフトバンク」・・・3,260
※機種、機能指定(性別、年代、地域別等)によるモバイルリサーチ実施が可能です。
 詳しくはお問い合わせください。

<本件についてのお問い合わせ>
マーケティング事業本部 担当:境野(サカイノ)
(リンク »)
Tel: 03-3589-3255   Fax: 03-3589-3256 mobile-press@netasia.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ネットエイジア株式会社の関連情報

ネットエイジア株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!