株式会社スコアネット ドップラーレーダーを使った弾道測定器ピュアコンタクト及びピュアローンチを販売開始

株式会社スコアネットは、米国ゼロシティー社との提携によりドップラーレーダーを使った弾道測定器の販売を開始したと発表した。

株式会社スコアネット 2007年12月05日

弊社はこの度米国ゼロシティー社(アリゾナ州)と提携し、日本総代理店として同社のゴルフボール弾道測定器の日本国内における販売を開始いたしました。 ゴルフボール弾道測定器とは、ドップラーレーダーを使用してゴルフボールの弾道を追跡し、ボール初速、ヘッドスピード、打ち出し角や飛距離などを測定するというものです。

株式会社スコアネット(所在地:東京都渋谷区 代表取締役 野村卓洋)は、米国ゼロシティー社(Zelocity Corporation)との提携によりドップラーレーダーを使った弾道測定器の販売を開始したと発表した。
今回発表した内容は次のとおりである。

■詳細説明■
弊社はこの度米国ゼロシティー社(アリゾナ州)と提携し、日本総代理店として同社のゴルフボール弾道測定器の日本国内における販売を開始いたしました。

ゴルフボール弾道測定器とは、ドップラーレーダーを使用してゴルフボールの弾道を追跡し、ボール初速、ヘッドスピード、打ち出し角や飛距離などを測定するというものです。

ゴルフボール弾道測定器は従来カメラ方式が主流でしたが、高速カメラによる撮影のためその設定や設置が面倒でした。また、ボールに点や線などの印をあらかじめ描く必要もありました。そのため一度設置したものを移動したり、屋外で使用するのが困難でもありました。
一方ドップラーレーダーを使ったゴルフボール弾道測定器は、設置に全く時間がかからず、ゴルファーが打つ場所に置くだけで野外、屋内を問わず弾道測定を行うことができます。
ドップラーレーダーとは、ドップラー効果による周波数の変移を観測することで、位置だけではなく観測対象の移動速度を観測する事の出来るレーダーのこと。この技術を使って1秒間に約10万の情報をボールから集められます

販売する製品は『ピュアローンチ』と『ピュアコンタクト』の2種類で、今後製品ラインを拡充していく予定です。
ピュアローンチは、2つのドップラーレーダーを搭載し、ボール初速、ヘッドスピード、キャリー飛距離、トータル飛距離、 打ち出し角、ボールスピン量、ミート率、入射角、フェースアングル、ヘッドスピード詳細などの数値データを提供します。
ピュアローンチはクラブフィッティングやレッスンでの使用を想定しており、主にゴルフスクール、ゴルフショップへ販売する予定です。
ピュアコンタクトは、コンパクトなサイズの持ち運び型で、ボール初速、キャリー飛距離(トータル飛距離)を計測します。
ピュアコンタクトは主に個人向けに販売予定です。


海外では、多数のゴルフスクール、プロゴルファー、ゴルフメーカー等がこの製品を使用しています。
また、メディアでは既にこの計測方法による弾道測定データとテレビ放送の融合の事例もあります。

【WEBサイト】
(リンク ») /

【株式会社スコアネットとは】
1996年2月設立のゴルフ関連事業ベンチャー。「ゴルフをもっと楽しく!もっと身近に!」を基本理念に掲げ、これまでになかったようなゴルフの楽しみや機会を創造することによってゴルフ業界の活性化、ゴルフの普及を広げ、将来に渡って楽しめるゴルフ環境を作ることを目的としています。
<事業内容>
1. スクール運営事業-マンツーマンレッスン専門ゴルフスクール『ツーサムゴルフスタジオ』の運営
2.. ゴルフラボ事業
3. ゴルファー向けメディア/コールセンター事業

【本件の連絡先】
株式会社スコアネット 担当:横山
東京都渋谷区代々木1-31-12 日綜代々木ビル5F
TEL:03-5333-6123  FAX:03-5333-6125
URL: (リンク »)
以 上

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社スコアネットの関連情報

株式会社スコアネット

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?