[ソフトウェア]機密・個人情報を完全に守る仮想暗号化ディスク作成ツール Private Disk v2.10発表

ネクステッジテクノロジーは、AES-256ビット暗号化技術で暗号化された仮想暗号化ディスクを利用したデータ保護ツールPrivate Disk(プライベートディスク) v2.10の販売を開始しました。

株式会社ネクステッジテクノロジー 2007年12月06日

AES(256ビット)によるデータの暗号化に加え、アプリケーションファイアウォールによるアクセス制御機能により、利用者の利便性を損なうことなく、PCやUSBメモリなどの紛失、盗難だけでなく、マルウェアなどのプログラムによりデータへの不正アクセス、改ざんなど、あらゆる危険から大切なデータを確実に保護することができます。

Press Release

報道関係各位殿、
2007年12月6日
株式会社ネクステッジテクノロジー

------------------------------------------------------
機密・個人情報を完全に守る仮想暗号化ディスク作成ツール
Private Disk v2.10発表
------------------------------------------------------

株式会社ネクステッジテクノロジー(本社:茨城県つくば市、代表取締役:坂本堪亮、以下ネクステッジ)は、AES-256ビット暗号化技術で暗号化された仮想暗号化ディスクを利用したデータ保護ツールPrivate Disk(プライベートディスク) v2.10の販売を開始しました。
下記URLにて本製品の30日試用版のダウンロード、またオンライン購入を提供しております。

(リンク »)

■Private Disk とは?

Private Diskは、認証型仮想暗号化ディスク ツールです。AES(256ビット)によるデータの暗号化だけでなく、アプリケーションファイアウォールによるアクセス制御機能により、利用者の利便性を損なうことなく、PCやUSBメモリなどの紛失、盗難だけでなく、マルウェアなどのプログラムによりデータへの不正アクセス、改ざんなど、あらゆる危険から大切なデータを確実に保護することができます。

従来の暗号化システムでは対応できなかった、ユーザ利用時におけるデータへの不正アクセスに対応することができます。例えば、従来のディス暗号化システムでは、ユーザの利用時(ログイン時)にはすべてのデータが完全に無防備状態になってしまいます。
しかし、Private Diskでは、アプリケーションファイアウォールにより、利用中でも安全な環境を構築することができます。
また、USBメモリなど外部記憶装置にインストールすることで、通常のUSBメモリを暗号化されたセキュアな携帯可能なメディアとして利用することができます。


■[機能の特徴]
-アプリケーションファイアウォールによるアクセス制御/検疫機能
-Windows Vista (x64を含む)など、最新OSのサポート
-256ビットAESアルゴリズムによる高い信頼性の暗号化機能
-あらゆるデバイスを暗号化(HDD、USBメモリ、フラッシュ、CD/DVDなど)
-外部デバイスへのインストールによる非インストール環境での利用
-アイドル時、ログオン時などの自動マウント、マウント解除機能
-アクセスキーおよび暗号化データのバックアップ機能
-豊富なコマンドライン オプション
-自動プログラムの実行機能
-共有設定の自動回復
-暗号化ディスクに対する各種属性の設定

**Private Disk はDekart s.r.l.が開発、㈱ネクステッジテクノロジーのローカリゼーションにより日本語化、日本語環境下にて各種テストされた製品です。

【販売価格】 5,400円 (税込5,670円 シングルライセンス)
【販売形態】 オンライン ダウンロードによるライセンス販売

■パッケージ版は、株式会社サイバーリンク トランスデジタル社から発売を予定しています。
【販売価格】 6,458円 (税込6,780円 シングルライセンス)
【販売形態】 2007年12月21日より店頭販売開始


■【会社概要】

株式会社ネクステッジテクノロジー
(リンク »)

ネクステッジテクノロジーは、ソフトウェア製品のグローバリゼーション(インターナショナリゼーションおよびローカリゼーション)に特化したサービスを提供しています。また、海外の優れたソフトウェアを紹介してダウンロード購入できる「shareEDGE」(シェアエッジ)を2004年8月に開設。現在、米国、カナダ、ブラジル、中国、ヨーロッパなど10ヶ国以上にわたるベンダーが開発した、Windows / Linux / PDA用の230以上のソフトウェア製品を扱っています。

シェアエッジサイト (リンク »)
SpywareGuideサイト (リンク »)

社 名 :株式会社ネクステッジテクノロジー
所在地 :〒305-0047 茨城県つくば市千現2-1-6
設 立 :2004年 3月
資本金 :1000万円
代表者 :代表取締役 坂本 堪亮
事業内容:各種ソフトウェアのインターナショナリゼーション(I18n)およびローカリゼーション(L10n)サービス。海外ソフトウェアのオンライン販売およびサポート。スパイウェア対策製品の販売・サポート、およびコンサルティングサービス。


■【このニュースリリースに関する報道機関からの問合せ先】

株式会社ネクステッジテクノロジー
担当:坂本(サカモト)
TEL:029-858-1126 / 090-6524-1159
Email:contact@nextEDGEtech.com

shareEDGE(シェアエッジ)、スパイウェアガイドは株式会社ネクステッジテクノロジーの登録商標です。
すべての企業名、ブランド名、製品名は各所有者の商標または登録商標です。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ネクステッジテクノロジーの関連情報

株式会社ネクステッジテクノロジー

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?