コンセント式小型ZigBeeルータ 「XBee ウォールルータ」を発表

安価で容易にZigBeeネットワークを拡張可能に

ディジ インターナショナル株式会社 2007年12月07日

ディジ インターナショナル株式会社(本社・渋谷区、ジョー・ダンズモア代表取締役)は、本日、ZigBeeネットワークのカバーエリアを拡大するZigBeeルータ、「XBeeウォールルータ」を発表します。本製品は、一般的な電源ソケットに差し込むだけでの小型ルータで、自動修復のZigBeeネットワークに必要な構成要素を容易にインストールでき、強固なドロップインネットワークを構築するのに理想的です。

「XBeeウォールルータのコンパクトな形状と設置の容易さは、ドロップインネットワークを構築するのに最適です。インストールは簡単で、しかも全く違和感がありません」と、Digi Internationalのグローバルセールス&マーケティング上級副社長であるラリー・クラフトは話しています。

「XBeeウォールルータ」は、距離的限界や電波干渉による信号の減衰や損失が発生するZigBeeネットワーク内のエリアを補うため設計されたものです。また、最大のネットワーク信頼性を確保するためにメッシュネットワークの冗長性を増大して、複数の経路を作成します。
 
「XBeeウォールルータ」は、当社のConnectPort Xゲートウェイ、XBee組込みモジュール、XBeeアダプタ、またはXBeeセンサとともに、有線ネットワークインフラの要求のないエンド・ツー・エンド機器ネットワークを「ドロップイン」するために使うことができます。また、「XBeeウォールルータ」は、温度と光の2つの環境センサを搭載しており、ConnectPort Xゲートウェイを使用するカスタマは、環境の監視・制御用データを受信できます。本製品はまた、ビルトインのマウントタブを持っており、すでに据え付けられているネジ穴を使って、一般の壁ソケットに安全にネジ止めすることが可能です。これにより、機器の突発的なプラグ抜けを防止し、盗難や汚損行為のリスクを低減します。

「XBeeウォールルータ」はメーカ希望小売価格79ドルで提供します。本製品の詳細については、 (リンク ») をご参照ください。

ドロップインネットワーキング・ソリューションは、あらかじめ設置されたネットワーキングインフラが存在しない場所や、既存インフラへのアクセスが禁止されている場所での機器群をネットワーク化する能力を提供します。ドロップインネットワーキングの詳細については、 (リンク ») をご参照ください。

■Digi Internationalプロフィール
1985年に設立されたディジ・インターナショナル社は、米国ミネアポリスに本拠を持ち、あらゆるデバイスの接続やセキュアなマネジメントを行うためのビジネス向けデバイスネットワーキング、高い信頼性製品開発やテクノロジーを提供するリーディングカンパニーです。エンタープライズソリューションにセルラー・ゲートウェイ、Wi-Fiデバイスサーバ、ビデオ/センサ製品、USB接続製品、ゼロクライアント、マルチポート・シリアル・アダプタ、シリアルサーバ、ネットワークプロセッサ、組込みモジュール、ZigBee製品があります。Digi Internationalの詳細は、 (リンク »)

このプレスリリースの付帯情報

XBeeウォールルータ

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ディジ インターナショナル株式会社の関連情報

ディジ インターナショナル株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?