Conezira.net 、クリスマスギフト特集第2弾コンテンツをオープン

クジラ株式会社 2007年12月13日

クジラ株式会社(本社:東京都文京区 代表:川辺匡 以下、Cuzira)は、商品情報サイトConezira(以下、コネジラ)で「クリスマスギフト」特集第2弾コンテンツ(http://Daudgift.conezira.com)をオープンしました。

ご好評頂いたクリスマスギフト特集の第2弾は、ギフトにも使える携帯デジタルオーディオプレーヤを集め企画しました。携帯デジタルプレーヤーと言えばまず第一にiPodを思い浮かべる方が多いとは思いますが、日本国内メーカーも負けてはいません。有名メーカーを始め様々なメーカがそれぞれ特長を持ったアイテムを発売しています。今回ご紹介する携帯デジタルオーディオプレーヤーは、Appleを始め16のメーカーから発売されているメインモデルをピックアップしてご紹介しています。特集のトップページに人気のiPodを表示し、その他の商品は検索をしやすいようメーカー別にわかりやすくページ左サイドに表示しおります。もしかすると今まで皆さんがあまり気付かなかった携帯オーディオ商品が見つかるかも知れません。クリスマスまであとわずか、気軽なプレゼントのひとつとしてお考えられてはいかがですか。

コネジラの特集コンテンツ (リンク ») は、記念日やイベントとコラボレーションし独自に企画を考えご提供しています。ジャンルにこだわらず様々な角度から商品情報をお届けする事で、お客様に少しでも商品の情報収集を楽しんで頂きたいと考え特集コンテンツを企画しご提供しております。


□ お問合せ先
メディア事業部 鶴巻 
TEL 03-5577-4415 FAX 03-5577-4416

□ クジラ株式会社 URL: (リンク »)
会社概要
より快適にインターネットを楽しめるをテーマに新しいサービスの開発・提供をすすめています。2007年11月現在、コネジラを含め 3つのサービスを運営しており、今後もファッション情報の Ziraなどの新しいサービスをリリース予定しています。
設立: 2007年1月5日
住所: 東京都文京区関口1-13-12 武田ビル6階
代表: 川辺 匡
従業員: 4名(2007年11月現在)
資本金: 3,100万円
事業内容: 商品情報の Conezira(コネジラ)、地図情報の Mappa(マッパ)、ブログ検索の Linkster(リンクスター)の運営

□ コネジラのご紹介
コネジラは「今までにない新しい情報サービス」の提供を目指し2007年10月5日にスタートしました。現在提供中のサービスは次の通りです。
コネジラ PC版: (リンク »)
コネジラ imode版: (リンク »)
コネジラ iPod touch版: (リンク »)
コネジラデスクトップパソコン情報: (リンク »)
コネジラ テレビ情報: (リンク »)
コネジラ デジカメ情報: (リンク »)
コネジラ カーナビ情報: (リンク »)
コネジラ iPod情報:http:/coneipod.net/
コネジラ iPodアクセサリ: (リンク »)
コネジラ ノートパソコン情報: (リンク »)
コネジラ デジタルカメラ情報: (リンク »)
コネジラ AV機器情報: (リンク »)  
コネジラ 生活家電: (リンク »)
コネジラ コンタクトレンズ: (リンク »)
コネジラ オーディオ情報: (リンク »)
コネジラ 特集コンテンツ: (リンク »)
コネジラ の商品情報は株式会社ベンチャーリパブリックが運営する価格比較サイトconeco.net(コネコネット)のAPIサービスを利用しております。
coneco.net: (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

クジラ株式会社の関連情報

クジラ株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!