アルク 高校の英語の先生のための専用サイト『英語の先生応援団』を開設 ~授業やテストで活用できる無料の英文素材のダウンロードやQ&A質問箱など~

株式会社アルク 2007年12月18日

株式会社アルク(東京都杉並区永福 代表:平本照麿 以下、
アルク)は、高等学校の英語の先生が授業、テストに活用できる
英文素材を入手したり、指導法に関しての情報交換ができたり
するウェブサイト、『英語の先生応援団』を、β版としての一ヵ月
の施行期間を経て、このたび2007年12月18日に正式にオープン
いたします。

-------------------------------------------------------

『英語の先生応援団』
(リンク »)

-------------------------------------------------------

▼ウェブサイト開設の目的

通常の授業のほかテスト作成や入試対策、生徒指導など
非常に忙しい高校の先生。

「テスト作成に時間がかかる」、「英語の素材えらびに苦労する」、
「英文テキストを全て自分で打たなければならない」など、
テスト作成に多大な労力がかかることが悩みだという先生が
多いというのが現状です。

そこでアルクはそのような高校の英語の先生方の悩みを
少しでも解消するため、アルクが保有する英語学習
コンテンツを英語素材として使っていただけるよう
サイトから無料でダウンロードできるようにいたしました。

サイト上で提供するコンテンツを授業やテスト作成に
役立ていただくことで高校の英語の先生方を支援すると
同時に、アルクの教材やコンテンツを広く知っていただき、
さらに現場の先生方の声を吸い上げて新たな教材や
サービスの開発に生かすことを目指しています。

-------------------------------------------------------

▼コンテンツ

「Q&A質問箱」

ウェブサイトでは英語の教授法や文法関連で分からない
ことを質問しそれに対し他校の先生が答えるなど、
他校の先生同士がお互いに教え合い、学び合う場です。


「英語素材ダウンロード」

英語ニュースVOA(Voice of America)の過去の記事
など、授業やテストで活用できる英文素材を無料で
ダウンロードできます。


「リンク集」

オンライン辞書やニュースサイトなど、授業の準備や
調べものに役立つサイトを紹介します。


このほか高校の英語の先生の日々の授業に役立つ
情報や機能を多数掲載します。


-------------------------------------------------------

▼今後の展開

今後は英語の先生ブログや、理想の英語教材作成
プロジェクトなど、英語の先生が活発に意見を交わし
指導のアイディアや教材案を交換する場も設けていく
予定です。

また良い教材アイディアがあれば学習参考書として
アルクから出版することも想定しています。

さらにサイト上だけではなく、実際に高校の先生方が
集まって、授業の公開セミナーや受験指導法の講演会
なども行っていく予定です。

-------------------------------------------------------

▼アルクの主な学習参考書事業

・「キクタン」シリーズ
単語の意味だけではなく発音も習得できる“「聞く」単語集”「キクタン」。
シリーズ累計の発行部数は36万部を突破。

・「灘高キムタツ」シリーズ
現役灘高等学校英語科の“キムタツ先生”こと木村達哉教諭
による東大英語対策、センター試験リスニング対策の参考書シリーズ。


-------------------------------------------------------


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 本リリースに関する関するお問合せ ■
 株式会社アルク 広報部
 E-MAIL:menet@alc.co.jp
 URL: (リンク »)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このプレスリリースの付帯情報

サイト『英語の先生応援団』

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社アルクの関連情報

株式会社アルク

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!