AIMCOMがWebビデオ会議室、ビデオセミナー、ビデオインフォメーションのサービスモニターを募集

株式会社AIMCOM 2007年12月19日

From DreamNews

AIMCOM( (リンク ») 情報ソフト開発会社、代表:伊東和彦)は、独自開発したサーバーシステム、Webプラットフォーム「オフィスコンシェルジェ」と連動するセンターサービス(ビジネスモデル特許出願済)としてWebのビデオ会議室、ビデオセミナー、ビデオインフォメーションを開発し、この度、Webビデオ関連をビジネスで使う際の可能性や問題点を検証する目的で行います。

AIMCOM(  (リンク ») 情報ソフト開発会社、代表:伊東和彦 )は、独自開発したサーバーシステム、Webプラットフォーム「オフィスコンシェルジェ」と連動するセンターサービス(ビジネスモデル特許出願済)としてWebのビデオ会議室、ビデオセミナー、ビデオインフォメーションを開発し、この度、Webビデオ関連をビジネスで使う際の可能性や問題点を検証する目的で行います。

モニターは無償にてご利用いただく事が可能です。ご協力頂ける方に、サインアップ窓口が用意されています。[ (リンク ») ]
モニター期間は、平成20年3月末までを予定しております。(モニター終了後も制限付きで利用継続可能です)サービス提供時間は実証期間中、24時間対応 (予定)です。 なお、メンテナンス等によるサービスの停止対応については、利用規約をご覧ください。

ビデオセミナーおよび会議室は予約制でカレンダーから空いた時間を指定します。ビデオセミナーは最高 60分で自由に予約ができます。(ただし複数の予約は出来ません)セミナー参加人数は最大30人まで 同時に受講が可能で、事前にIDを自動発行するか自由参加の2通りが選択できます。ビデオ会議室は最 大5人まで同時に会議が可能で、事前にIDを自動発行いたします。

ビデオセミナーも会議室もスライドをめくったりペンで書き込みをすればビデオ画面音声とともにリアル タイムに参加者全員の画面が連動して自動で変わります。提示スライドファイルは画像ファイルやFlash 形式ファイルSWF)で最大5ファイルまで登録ができます。Flashを使用していますので、特別なソフトは必要ありませんが、Adobe Flash Player6以上であることをご確認いただきます。

ビデオセミナーでは受講者からの発言は直接表示されず、まず講師側に発言許可として現れますので、許可・非許可ボタンでスムーズな議事運営がはかれます。

当社独自企画であるWebビデオインフォメーションは事前に登録したビデオ解説と連動したスライドショー がURLで生成されますので、メールで簡単に配布したり、ブログ、ホームページで公開できます。

◆ビデオインフォメーションのサンプル
(リンク »)
(アドレスが切れた場合はつないでご参照ください)

ビデオインフォメーションの作成もブラウザのみでWebカメラ、マイクがあれば作成できます。
また、社内設置サービスやWeb会議室、セミナー保存公開システム構築、独自サービスとしてのシステム提案も行っておりinfo@aimcom.co.jpまで連絡頂ければ提案資料を送付しています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR