「おてがる携帯ツールズ てがる」から「生活改善ツールズ てがる」へ!無料の家計簿ツールが機能アップ!

株式会社フューチュレック 2007年12月28日

From DreamNews

「てがる」とはあなたの現実の生活を豊かにする無料のツール集です。
「でがる」では、パソコンや携帯を使って簡単・手軽に行えて、あなたの生活改善のきっかけになるようなツールを提供しています。
今回の「家計簿(かけいぼ)」リリースでは、携帯版の機能追加だけでなく、新たにパソコン版も提供いたします。


「てがる」とはあなたの現実の生活を豊かにする無料のツール集です。
パソコンや携帯を使って簡単・手軽に行えて、あなたの生活改善のきっかけになるようなサービスを提供しております。
現在はPC/携帯に対応した「家計簿(かけいぼ)」を提供してます。

この度、「おてがる携帯ツールズ てがる」を開発・運用する株式会社フューチュレックは、平成19年12月27日に「おてがる家計簿ツール かけいぼ」のパソコン版のリリースと携帯版のリニューアルを行いました。
この度のリニューアルに伴い「おてがる携帯ツールズ てがる」から「生活改善ツールズ てがる」へサービス名を変更いたします。

■「おてがる家計簿ツール かけいぼ」とは?
普段の生活で「やらない」より「やったほうがいいこと」の一つに家計簿を付ける、つまりお金の管理をするってありますよね。
でも、これって面倒だったり続かなかったり...、せっかく買った家計簿が無駄になったりして。

そんなときは「おてがる家計簿ツール かけいぼ」をご利用下さい。
パソコン版でしっかり、携帯版で気楽に管理!

「かけいぼ」でしっかり習慣付いたらそのまま続けていただくもよし。もう一度紙の家計簿にトライするもよし。
「おてがる家計簿ツール かけいぼ」をきっかけに「目指せ健全なマネー管理」です。

■パソコン版の追加
今回、ご要望の多かったパソコン版を新たに提供いたします。
パソコン版では紙の家計簿に書き込むように気軽にご利用でき、
携帯と連動しておりますので、外出先でもご利用可能です。
また、一目でお金の出入りが分かるようにグラフィカルなグラフ表示もできます。

■新機能追加
 ☆貯金管理機能
  貯金管理では例えば現在あなたがご利用の「メーンバンク」から「500円貯金」や「タンス貯金」まで貯金と名のつくものは全て管理できます。
  実際の銀行のように出金や入金ができちゃいますので、手持ちの金額と貯金額を明確に管理できます。

 ☆カード管理
  カード管理ではあなたのお手持ちのカードを登録・管理できます。
  お買い物する前に「いまの利用額」を確認してから使えば無理な支払いとかなくなりますよね。
  カード破産とかあるぐらいですから、カードユーザの方は是非ご利用下さい。


■名称変更
 「固定支出設定」と「固定収入設定」は「月イチ支出設定」と「月イチ収入設定」に名称変更いたしました。
 「物欲設定」から「ほしい物登録」に名称変更しました。


■老後ジェネレーター(老後に必要なお金算出ジェネレーター)
 そもそもなぜ貯金をしなければならないのか!?何を目標にコツコツ貯金すればいいの!?
 そんな方に一つの指針になればと思い「老後に必要なお金算出ジェネレーター」を公開しました。


▼てがる (URLはPC/携帯共通アドレス)
(リンク »)


▼フューチュレックポータル (弊社コンテンツ紹介サイト)
(リンク »)


【会社概要】
 ■会社名 株式会社フューチュレック(Futurek)
 ■代表者 代表取締役 神田 宗秋
 ■設 立 2003年10月1日
 ■資本金 三百万円
 ■所在地 〒531-0071 大阪市北区中津1-18-14 北梅田ダイヤビル9F
 ■TEL 06-6375-5030
 ■FAX 06-6375-5035
 ■URL  (リンク »)
 ■E-Mail info@futurek.com
 ■事業内容
   1.コンテンツ企画/開発/運営
   2.システム開発・保守・運用
   3.デザイン制作


【本件に関するお問い合わせ】
 ■会社名 株式会社フューチュレック(Futurek)
 ■担当者 三宅 良行
 ■TEL 06-6375-5030
 ■FAX 06-6375-5035
 ■E-Mail info@futurek.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社フューチュレックの関連情報

株式会社フューチュレック

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!