Lotus Dominoサーバーのアクセスログを取得する新製品 「Auge AccessWatcher for Lotus Notes(オージェ アクセスウォッチャー フォーロータスノーツ)」を 販売開始

Lotus Dominoのアクセス証跡をCSV形式ログで取得

オージェテクノロジー株式会社 2008年01月21日

 オージェテクノロジー株式会社(本社:東京都品川区、代表取
締役社長:冨谷 彰、以下オージェテクノロジー)は、
2008年1月21日より、新製品「Auge AccessWatcher for Lotus
Notes(オージェ アクセスウォッチャー フォー ロータス ノーツ 
以下Auge AccessWatcher)を販売開始することを発表いたします。

 Auge AccesWatcherは、日本アイ・ビー・エム社のグループウェ
ア Lotus Note/Lotus Dominoの詳細なユーザーアクセスログを取
得する製品です。Lotus Dominoサーバーに対するNotesクライアン
ト/Webクライアントからのユーザー操作を文書単位のログとして
取得し、CSVファイルにリアルタイムに出力します。

 Lotus Notesには、顧客情報や新製品企画、障害情報など、企業
にとって非常に重要なビジネス情報が大量に蓄積されています。
しかしながら、これらのビジネス情報が、実際にどのように利用
されているかという現状を把握する手段はこれまでありませんで
した。特に、内部統制や個人情報の保護など、セキュリティ強化
が必須となっている現在、これらのビジネス情報についてのユー
ザーの利用証跡の保管が強く求められるようになっています。
 Auge AccessWatcherはこれらの要望に応え、「誰が・何時・ど
の文書に・何をしたのか」、というアクセス履歴をCSVファイルと
してダイレクトに保存します。また、Lotus Dominoサーバーに対
する非常に容易な導入や、Lotus Notes管理者が慣れ親しんだ
Lotus Notesクライアントによるログ取得設定の管理など、非常に
少ない投資でLotus Notesのセキュリティを向上させることができ
ます。

Auge AccessWatcher は、Lotus Notesを活用している日本国内ユ
ーザーに対して、年間で100ライセンスの出荷を予定しています。

          記

製品名称:Auge AccessWatcher for Lotus Notes V1.0 Windows版
標準価格:500,000円 / Dominoサーバー 
(別途 メンテナンスサービス契約が必要)
出荷開始日:2008年1月21日
動作環境: Lotus Domino Windows版 6.5x、7.0x
(Lotus Domino 8には、検証後対応予定)

オージェテクノロジーについて:
オージェテクノロジー株式会社は、2007年12月5日に設立された、
主に企業向け汎用ソフトウェアの開発販売をおこなう独立系ソフ
トウェアベンダーです。オージェテクノロジー株式会社はリアル
コム株式会社( (リンク ») )の関連グループ企業
であり、リアルコム株式会社の技術協力、マーケティング協力の
もと、主にIBM Lotus Notes/Domino関連製品を提供しています。

会社名:オージェテクノロジー株式会社( (リンク ») )
代表者名:代表取締役社長 冨谷 彰
(TEL.03-6821-0265)

本件に関するお問い合わせ:
オージェテクノロジー株式会社/大山 維崇
E-Mail: info@auge-tech.com  TEL:03-6821-0265

以上

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

オージェテクノロジー株式会社の関連情報

オージェテクノロジー株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!