メジャーバージョンアップ製品 GeoExpress 7 リリース

株式会社セラーテムテクノロジー 2008年01月30日

株式会社セラーテムテクノロジー (本社:東京都港区、代表取締役社長:今井一孝) は今般、GIS画像を迅速かつ容易に圧縮し利用するためのアプリケーション、GeoExpress 7をリリースしました。GeoExpressはGIS画像の業界標準フォーマットであるMrSID、JPEG2000、NPJE、EPJE、NITF2.1形式の画像を効率的に生成・加工編集・ハンドリングするためのアプリケーションです。今回GeoExpress 7に新たに追加された機能により、LizardTech Express Serverとの相互運用が実現し、ユーザが必要としている画像を迅速に入手することが可能になりました。


リプロジェクション、色補正、モザイク、矩形抽出等のツールを備えた GeoExpress 7は、GIS画像の処理や、業界標準の圧縮フォーマットへのエンコードを行うアプリケーションのデファクトスタンダードです。GeoExpress 7では、LizardTech Express Serverへの画像のエンコードとパブリッシングが一つの簡単な操作により直接行えるようなり、ワークフローを更に簡素化することができるようになります。ユーザは、画像をWMSアプリケーションやArcIMSで見ることができ、ウェブアプリケーションにも利用することができます。これらの操作はコマンドラインアプリケーションやXMLドキュメントのエディットを一切伴わずに可能となります。意思決定者への画像配信に必要な時間と労力削減することで、生産性向上の実現が可能になります。



今回 GeoExpress 7に新たに追加されたツールの一つは、ノイズ除去ツール (despeckling) です。ノイズ除去は、カラードロップアウトによる背景の透明化を行う際に画像の端に残るノイズを除去し、画像のクオリティを高めるものです。さらに、 GeoExpress 6のフローティングライセンス(*1)がアップデートされ、「コミューター」機能が追加されました。これにより、ユーザが旅先などネットワークへのアクセスが無い場合でも作業が継続可能になります。IT管理者はネットワークに共通のラインセンス基準を用い、これにより管理タスクも簡素化されます。



また、GeoExpress 7では、メタデータのエディットと画像のエクスポートツールによってワークフローのフレキシビリティが向上します。画像にカスタムタグを追加するために、コマンドラインアプリケーションを利用する必要はありません。GeoExpress 7のメタデータエディタがカスタム情報を画像に追加し、Express Serverを用いてその情報をウェブアプリケーションの構築に利用することができます。新しいエクスポートツールでは、迅速にモザイクを除去し、 GeoExpressのインターフェースから画像を直接GeoTIFFにすることが可能になります。



LizardTechのシニアプロダクトマネジャーであるJon Skiffingtonは次のようにコメントしています。「今回のGeoExpressでは、相互運用性の向上とユーザの自由度が高められています。ユーザは、 Express Serverを経由して画像を意思決定者に迅速に配置することで、時間をセーブすることができます。私たちは、顧客のニーズを聞いたうえで、GeoTIFFへのエクスポート、コミュータライセンス、残像除去のノイズ低減、画像のコントロールを高められるメタデータエディタ等、顧客からのリクエストの多い機能を追加しました。」



*日本国内では1月31日より発売を開始いたします。

(インターフェースは英語のみとなります)

GeoExpress 7の新機能に関しては、下記をご参照ください。

(リンク »)



<補足 -新機能>

・ ExpressServerとの連携機能

・ まだら除去(despeckle)

・ 64bit CPUのサポート

・ ECWなどの新しい入力サポート

・ メタデータツールの改良



*1 フローティングライセンスとは?

ライセンスを個々のPCで管理する方法ではなく、ライセンスサーバによりライセンス数が管理され、登録されているライセンス数分のアプリケーションだけが動作出来るようにする仕組みです。



株式会社セラーテムテクノロジーについて



デジタルアセット(画像、イラスト、文書、フォント等)の保存、管理、配信という一連の流れに関する独自技術を統合的に保有し、それを核としたアプリケーションソフトをグローバルな市場で販売しています。エクステンシス・ブランドならびにリザードテック・ブランドを保有。1996年設立。2001年12月11日にナスダック・ジャパン(現、大証ヘラクレス)市場に株式上場。本社:東京、韓国、ソウル市に支社。米国に100%子会社であるCelartem, Inc. 英国にCelartem Europe Ltd.を保有。従業員数147名(2007年6月末現在、連結ベース)。

Webサイトは (リンク »)





本件に関する報道関係お問い合わせ先

株式会社セラーテムテクノロジー 営業担当

TEL: 03-5408-5781 (リンク »)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社セラーテムテクノロジーの関連情報

株式会社セラーテムテクノロジー

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!