アクテル、日本担当セールスディレクターに片山氏を任命

業界27年の熟練されたエンジニアリング、代理店業務、カントリーマネージャーの 経験を生かし、低消費電力製品の販売戦略に意欲

アクテルジャパン株式会社 2008年02月14日

アクテル(米国カリフォルニア州マウンテンビュー、日本法人:アクテルジャパン株式会社、東京都渋谷区)は本日、片山 雅美(かたやま まさはる)氏を日本担当セールスディレクターに任命し、日本市場においても低消費電力製品の一層の拡販に努めると発表しました。

片山氏は、アクテルの業界をリードする低消費電力フィールド・プログラマブル・ゲート・アレイ(FPGA)とプログラマブル・システム・チップ(PSC)の両ソリューションについて、日本の既存および新興の大口採用に広く働きかけていきます。


片山氏は、アクテル入社前、ザーリンク・セミコンダクターのカントリーマネージャーを務めました。それ以前には、IBM社、マクニカ社、シリコン・ウェーブ社、ケイデンス・デザイン・システムズ社などでエンジニアリング、代理店業務、カントリーマネジャー職を歴任しました。


●アクテルのワールドワイド・セールス担当上級副社長、Jay Legenhausenのコメント
「日本はアクテルにとって重要なマーケットです。片山氏は、広範な分野で豊富な経験を有し、代理店業務やセットメーカーへの販売管理で優れた実績を残しています。当社が現在、注力しているIGLOOやProASIC3LなどのFPGA、それからFusionプログラマブル・システム・チップといった革新的な低消費電力製品、電力管理ソリューションの可能性を日本で最大限に発揮できると確信しています」

片山氏は、東京電機大学にて、工学の学士号を取得しています。



●アクテルについて
アクテルの革新的なFPGAおよびプログラマブル・システム・チップ(PSC)の両ソリューションは、チップ・レベルでもシステム・レベルでも電力消費を削減し、電力効率に優れる設計を実現します。アクテル(ACTL)はNasdaq National Marketに上場しています。詳しい情報はウェブサイト (リンク ») をご覧下さい。

用語解説

※ アクテルの名称とロゴはActel Corporationの登録商標です。Actel Libero、Actel IGLOO、Actel Fusionの名称とロゴはActel Corporationの登録商標です。その他の全ての商標とサービスマークは、それぞれの企業・団体に所有権が帰属します。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

アクテルジャパン株式会社の関連情報

アクテルジャパン株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!