ランキング順位の末尾に“7”をそろえて、プレゼントを当てよう! パーラーオリンピア、人気スロットアプリの獲得コインを競う「超アプリバトル」開催

コムシード株式会社 2008年02月14日

携帯コンテンツの開発・サービス運営を手がけるコムシード株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長CEO:石井博規、名古屋証券取引所セントレックス上場、コード:3739、以下コムシード)はオリンピアの携帯公式サイト「パーラーオリンピア」において、本日より、スロットアプリの最高獲得コインを競うイベント「超アプリバトル」を、2008年3月13日まで開催いたします。


■ハイスコア狙いだけでは当てられない運試しバトル!?順位に“7”のゾロ目が揃えば賞品ゲット!

「超アプリバトル」では、携帯サイト「パーラーオリンピア」内の指定スロットアプリをプレイし、1プレイあたりの最高獲得コイン数(最大7000G)を競います。ランキングの順位によって、「パーラーオリンピア」でしか手に入れることの出来ないオリンピアスロット特製のスペシャルアイテムがもらえます。
今回のイベントで賞品を手にすることが出来るのは、1位~3位のトッププレイヤーと、ランキング順位の末尾に、「77位」「177位」…など、「7」のゾロ目が揃ったラッキーなプレイヤー。スロットアプリに勝つだけでは、なかなかプレゼントには当選できないという、スロット的「運試し」バトルです。


【パーラーオリンピア「超アプリバトル」イベント概要】

◆開催期間:2008年2月14日(木)~2008年3月13日(木) ※3キャリア同時開催
◆結果発表:2008年3月18日(火)
◆当選連絡受付:2008年3月18日(火) ~2008年3月26日(水)
◆参加資格:「パーラーオリンピア」有料会員(月額315円・税込)
◆賞品(各キャリア共通)
1位~3位、もしくはランキング順位末尾に“7”のゾロ目が入ったラッキープレイヤーに、
オリンピアオリジナルグッズを進呈


◆対象スロットアプリ紹介:iモード版/Y!ケータイ版 
「パチスロ鉄拳伝タフ」   
「パチスロ鉄拳伝タフ」は、オーイズミとオリンピアが共同開発し、新ブランド・オーイズミネオからリリースされた同名パチスロ機をモチーフにしたスロットアプリです。
本アプリでは、実機スロットに盛り込まれていた完成度の高いアニメーションや、漫画のコマさながらの演出を忠実に再現。ノリの良いサウンドとの相乗効果で、原作連載当時の興奮と感動がよみがえります。さらにオートプレイや目押し機能など、初心者に易しい機能も満載。

◆対象スロットアプリ紹介:EZweb版
「めぞん一刻」
「めぞん一刻」は、生真面目で美しい未亡人の音無響子と、気弱で周囲に流されやすい青年・五代裕作のせつない恋愛が描かれた高橋留美子原作の人気漫画のタイアップスロット機をモチーフにした携帯アプリです。
「ドラマチックエピソード」として、数ある原作の名場面を「激アツ演出」として再現!エピソードをクリアすると「スーパービッグボーナス確定+次回エピソードへ進行」。さらに4つのエピソードをクリアすると感動のエンディングビッグボーナスが流れます。 



-パーラーオリンピアについて-
「パーラーオリンピア(パラオリ!)」は、人気パチスロ機メーカー、オリンピアのオフィシャルサイトです。パチスロ実機アプリやゲームアプリ、育成アプリのほか、着信メロディ、待受け画像からムービーまで、充実のラインナップでサービスを提供しています。他にもコラムや機種情報、投稿コーナーなど、ファンのための情報が満載です。


■サービス利用料:月額315円(税込)

■アクセス

iモード:[iMenu]→[メニュー/検索]→[趣味・娯楽]→[パチンコ/パチスロ]→[パーラーオリンピア]
EZweb:[カテゴリ検索]→[懸賞・くじ・ギャンブル]→[パチンコ・パチスロ]→[パーラーオリンピア]
Yahoo!ケータイ:[メニューリスト]→[ケータイゲーム]→[パチンコ・パチスロ]→[パーラーオリンピア]

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

コムシード株式会社の関連情報

コムシード株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?