ネットインデックス、Willcomが提供する日産自動車向け「カーナビ専用サービスfor CARWINGS」  「カーウイングス」専用通信カードとしてW-SIMを提供開始

株式会社ネットインデックス 2008年02月18日

株式会社ネットインデックス(本社:東京都中央区、代表取締役社長:鵜野 正康、以下、ネットインデックス)は、株式会社ウィルコム(以下、ウィルコム)が日産自動車株式会社(以下、日産自動車)の情報サービス「カーウイングス」向けに提供する専用定額通信サービス「カーナビ専用サービスfor CARWINGS」を2008年1月23日(水)からの提供開始に合わせ、本サービスに対応した専用通信カードとして、ネットインデックス製W-SIM(※1)の提供を開始しました。

今回提供しているW-SIMは、WILLCOM SIM STYLEに対応した端末で動作する多機能通信モジュール(※2)です。当社製USBモデル「DD(WS002IN)」や、シャープ製「W-ZERO[es](WS011SH)」」などの多様なラインナップが揃う対応機種に装着すると、W-OAM(※3)エリア内でのデータ通信においては、4xパケット方式で最大204kbpsの通信速度での通信が可能となるデータ通信カード「RX420IN」をベースに開発・製造したものです。
なお、「カーナビ専用サービス for CARWINGS」では、専用通信ユニット(※4)に「RX420INをベースにした専用W-SIMを装着し使用することとなり、1xパケット方式での通信となります。

「カーウイングス」は日産自動車が提供するカーナビをより快適にご利用いただくための通信サービスで、オペレーターに要望を伝えるだけで簡単に目的地設定が可能で、ドライブに必要な情報を簡易な操作で入手することができます。

また、従来「カーウイングス」の各サービスを利用するためには、携帯電話を利用する必要がありましたが、今回ウィルコムが、日産自動車と「カーナビ専用通信ユニット for CARWINGS」(WS012GS)を開発し、W-SIMを利用可能にしたことで、定額料金での各種サービスが利用可能となったものです。

ネットインデックスは、今後も「M2M(マシーンtoマシーン)」ソリューション・サービスにおいても、開発及び販売に関して積極的に取り組んで参ります。

このプレスリリースの付帯情報

当社製W-SIM

用語解説

※1 WILLCOM SIM STYLE:抜き差し可能な無線通信モジュール。「W-SIM」に対応する商品群の総称。
 ※2 無線通信技術(アンテナ部および無線機)を搭載し、電話帳などのユーザデータを合わせ持つ汎用性のあるモジュール。
※3 W-OAM:ウィルコムの高度化通信規格で、WILLCOM Optimized Adaptive Modulationの略。
※4 カーナビ専用通信ユニットfor CARWINGSは株式会社グループセンス製となります。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ネットインデックスの関連情報

株式会社ネットインデックス

株式会社ネットインデックスの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!