編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ集「銀行のITビジネス」
EDRの記事まとめダウンロードはこちら

張り子を使ったおもしろPC用マウス 「招き犬 muji」を販売開始!

張り子を使ったおもしろPC用マウス 「招き犬 muji」を販売開始! http://www.darumouse.com/

アクテブライズ株式会社

2008-03-03 00:00

2008年3月3日アクテブライズ株式会社(本社:群馬県高崎市・代表:高橋佳樹)は新開発の張り子技術“Hariko”を用いたポインティングデバイス「招き犬 muji」を伝統工芸品マウスシリーズとして「アクテブライズのデジモノショップ」にて販売を開始しました。
今回販売をする「招き犬 muji」は、アクテブライズ株式会社が独自に新開発した張り子技術“Hariko”を用いたマウス第一弾で、読み取り方式に、光学式でもボール式でもない“DS方式”を採用しています。

“DS方式”はアクテブライズ株式会社が独自に開発した方式で、傾きの角度でポインタを動かすことが出来ます、大きい角度で速く、少ない角度でゆっくりと動く仕組みになっており、さらに補正機能を搭載しているのでどのようなポジションでもマウスを操作することが出来ます。
傾きで操作するから例えば、書類が山積みのデスク上だって、砂の上、畳の上、そして空中だって操作が可能です。
また光学式やボール式のように外部にセンサーが露出していないので、センサーの掃除は不要ですし、多様な形状の製品への組み込みも可能となりました。

この張り子は、アクテブライズ株式会社が独自開発した手法で、和紙を型へ貼り付けて作る伝統工芸の張り子の技と、樹脂成型品の試作などで用いられるエポキシ樹脂による樹脂成型の技術を融合させた技術で“Hariko”と名付けました。
 このHarikoに自分で好きなように絵付け(顔や胴体)ができ、自分でデザインできることで、自分だけのオリジナルパソコンの番犬を作ることができます。
 
“Hariko”は1体1体手づくりですが、プラスチック以上の強度を持ちつつ型を作るコストが掛からないので、いろいろな形の商品を造ることが出来ます、第一弾として「招き犬 muji」を販売しますが、続々と新しい形の新作を発売して行く予定です。

このプレスリリースの付帯情報

招き犬 muji

用語解説

【製品概要】
商品名:招き犬 muji
型番:AB-R012-D
製品使用:USB2.0/1.1
USBケーブル長:1,800mm
本体サイズ:約55mm(W)×65mm(D)×110mm(H)
重量:64g(ケーブル含)
対応OS:Windouws98/98SE/Me/2000/XP/Vista/CE2.11
販売方法:アクテブライズのデジモノショップ  (リンク »)
Harikoシリーズ         (リンク »)
価格:4,980円

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    IT部門責任者が理解すべき「コンテナとKubernetes」の基礎を網羅

  2. コミュニケーション

    Zoomなどオンライン商談による「ちょっとだけ打ち合わせ」の威力とは?新しい売り方の教科書が登場!

  3. クラウドコンピューティング

    データ活用のためのハイブリッドクラウド基盤構築-データプラットフォームに求められる12の要件

  4. 経営

    脱パスワード 不便と不安を取り除くSSO-メリットと導入方法、ADやM365との連携を解説

  5. コミュニケーション

    事例:9割の業務の段取りを効率化、個人スキル依存から脱却したDFE社のタスク管理改善術

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]