「デフラグする」が米国で人気ワードに=米ボイヤーズ・マーケティング

ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社 2008年03月04日

インド・ムンバイ発--(ビジネスワイヤ)--最近、「何だか調子がよくない」とか、「考えが上手く整理できない」なんて感じてはいませんか。もしそうなら、物事を本来のスピードで処理できていないのか、単に頭が混乱しているのかもしれません。そんなあなたには「デフラグ」が必要です。ご存じありませんか、「デフラグ」です。片付ける、整理する、ということです。まだ意味がおわかりでなければ、ここで学んでいただきましょう。「デフラグ」は今、アメリカのポップカルチャーシーンで、流行りの言葉なのですから。

正式には、デフラグ(またはデフラグメンテーション)とは、1980年代にディスクキーパー・コーポレーション社が確立した処理のことを指します。これは、コンピュータのハードドライブを整理するために行うものです。デフラグをしないと、コンピュータの処理速度の低下や、ハングアップ、クラッシュの発生につながります。この言葉は、今やすっかり有名なので、「本来の調子を取り戻す」という意味の婉曲表現として使われています。

この人気の流行語を、あなたならどう使いますか。使用例はたくさんあります。

人気ドラマの「CSI」で、登場人物の一人が、そそっかしいパートナーについて「頭のデフラグが必要」と発言。

大人気の「ケビンとビーンのモーニングショー(KROQ)」では、なぜケビンが脳の奥にある情報にたどりつけないのか、ということが話題になり、「ケビンの頭はデフラグが必要」と提案。

NFLでさえデフラグされてしまいます。アナウンサーは「このプレーはまるで、今晩の私のコンピュータのようですね。デフラグしないと!」とコメント。

部屋が散らかっている? では、デフラグで整理しましょう。

友達から信用できない人だと思われている? 本格的なデフラグが必要です。

物忘れが多くて、余裕がなく、落ち着かない毎日を過ごしている? もう、何をすべきかおわかりですね。

ハードドライブも私たちの身の回りと同じで、すぐに散らかってしまいます。つまり、ハードドライブのディスク全体にわたって、情報の破片が散乱してしまうのです。これが断片化です。誰でもある程度は断片化の問題を抱えています。人生も、コンピュータも、そうです。だから、デフラグで整理整頓をして、この状況を改善するのです。デフラグしたコンピュータは、快適に速く動くようになります。

「この言葉を広めるのに、当社は一役買ったかもしれません」と、ディスクキーパー社(www.diskeeper.com)のスポークスマンであるコリーン・タウマヤンは語ります。「デフラグのような言葉を、色々な発想で自由に使うことが文化的にかっこいいとされるのは良い兆候です。誰もが経験しているような状況を、その一言で見事に表現してくれるのです」。

数年前、クイズ番組の「ジェパディ!」ではディスクキーパーがヒントとして使われました。「D-E-Fで始まる言葉」のカテゴリの問題で、「ディスクキーパーはこれを行うソフトウエアです」というヒントが回答者に与えられました。この問題は、「断片化を解消することを何といいますか」でした。

この言葉は今や大勢の人に使われるようになり、クイズ番組のヒントから普段の会話にまで登場するようになりました。製品の普及ぶりを考えると、「デフラグ」という言葉が大衆の集団意識に影響を与えていても不思議はありません。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


CONTACT:ProfusionPR
LisaZocco,310-503-8151
press@profusionpr.com

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社の関連情報

ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR