PEPSI NEX モバイルスペシャルサイトで、日本初の「なりきり」体験

~モーションポートレート技術、携帯プロモーションサイトで活用~

シリコンスタジオ株式会社 2008年03月10日

デジタルコンテンツ関連ビジネスを展開しておりますシリコンスタジオは、3月4日に公開されましたサントリー株式会社の携帯プロモーションサイト「PEPSI NEXモバイルスペシャルサイト」の制作(企画・制作:株式会社サイバーエージェント)に協力、シリコンスタジオが展開しておりますモーションポートレート技術を導入したことを発表いたします。

エンターテインメント業界向けにデジタルコンテンツ関連ビジネスを展開しておりますシリコンスタジオ株式会社(代表取締役社長 寺田健彦、本社 渋谷区恵比寿、電話 03-5488-7070(代表))(以下、シリコンスタジオ)は、3月4日に公開されましたサントリー株式会社の携帯プロモーションサイト「PEPSI NEXモバイルスペシャルサイト」の制作(企画・制作:株式会社サイバーエージェント)に協力、シリコンスタジオが展開しておりますモーションポートレート技術を導入したことを発表いたします。

本サイトでは、顔写真を携帯で撮影し投稿すると、サイトに予め記憶されているモナリザやツタンカーメンなど歴史上の有名人の画像と、携帯で送った人の顔写真を合成し、3Dのアニメーション映像に変換、映像を記憶したURLを送ってくれるという新感覚のサービスを提供しております。あなたの顔と有名人の顔を即座に合成する技術を、携帯を持っているだけでいつでもどこでも誰とでも楽しめる日本初の画期的サービスです。画像の3Dアニメーション変換部分はモーションポートレートの技術で実行しますが、フォトリアルな顔合成シミュレーションを携帯上で実現したのも日本初となります。(当社調べ)
プロモーションサイト: (リンク »)  内 『顔バケジェネレーター』 参照

シリコンスタジオでは、「モーションポートレート」と自社開発のミドルウエア技術を組み合わせることにより新しいエンターテインメントの提案、フォトリアルな顔の表情をモデル化することにより効果が発揮される様々なアプリケーション、サービスの開発と展開を進めております。
参考:モーションポートレート株式会社: (リンク »)  
※モーションポートレートはモーションポートレート社の技術です。

● シリコンスタジオ株式会社について-
シリコンスタジオ株式会社(シリコンスタジオ)は、エンターテインメントの業界で、デジタルコンテンツに関する幅広い事業を展開するために2000年1月1日に設立されました。事業内容としては、デジタルメディア技術のリサーチ&デベロプメント・コンテンツ制作環境やIPTV配信設備のインテグレーション・デジタルクリエイター派遣の3事業を中心に、業界最高峰の技術提供を行いながら、多くの人々に感動を与えられる企業を目指しております。

■ 本リリースに関する報道関係お問い合わせ先:
シリコンスタジオ株式会社
〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-21-3
コーポレートストラテジー、担当:原
TEL:03-5488-7070 (代表) FAX:03-5488-7433
E-Mail:pr@siliconstudio.co.jp

用語解説

《モーションポートレートについて》
モーションポートレートは、顔写真1枚から、高速かつ正確な特徴点抽出技術を用いて3次元CGモデルを自動生成し、ビデオ画像のように自然なリアルタイム表情アニメーションを生成することができます。顔生成エンジンを起用して顔の基本動作である、笑う・話す・視線を向けるなど、多彩な表情を簡単な指示で制御することが可能です。また、セル画調アニメキャラクタへ応用すれば、原画の持つイメージを損なうことなく、緻密で滑らかなアニメーションを生成します。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

シリコンスタジオ株式会社の関連情報

シリコンスタジオ株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?