Kingston Technology、2007年度売上45億ドルを達成

Flashメモリの需要急増でメモリ事業の成長が加速

Kingston Technology株式会社 2008年03月28日

メモリ製品で世界をリードする独立系メモリメーカーKingston Technologyは3月28日、2007年度の総売上高が前年度と比べ8億ドル増の45億ドルに達したと発表しました。

近年のFlashメモリ需要の急増に伴い、同社が2003年度より本格的に市場に参入したFlashメモリ事業が好調となり、この度の売上増加につながりました。また、2007年に当社ブランドメモリの中でも業界標準メモリ「ValueRAM」とゲーマーやPC専門家向けの「HyperX」メモリ事業が飛躍的な成長を遂げています。

当社の共同創設者の1人であるジョン・ツー(John Tu)は「売上高が45億ドルに達したことはわが社の歴史においてすばらしいことです。デビッド・スン(David Sun)と私がKingston Technologyを立ち上げた1987年当時、我々はこのような成功が実現するとは夢にも思っていませんでした。この成功はすべて、わが社の従業員の努力と産業界のパートナー、ベンダー、そして何よりも我々のお客様のサポートによるものです。」と語っています。

また、もう1人の共同創設者であるデビッド・スン(David Sun)は「わが社は卓越した顧客サービスにより高品質な製品のイメージを確立させるという姿勢を貫いて参りました。これは、我々が20年前に会社をスタートさせた時からの基本理念であり、現在も変わらずわが社の理念となっています。今日の厳しい市場環境の中で、わが社が持ちこたえ、成長を続けているのはこのひたむきな姿勢と確固たる信念によるものです。」と述べています。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

Kingston Technology株式会社の関連情報

Kingston Technology株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!