広告マーケットプレイス『Pitta!』(ピッタ!)クリエイティブアワード作品募集開始

株式会社デジタライズ 2008年04月09日

広告マーケットプレイスPitta!では、バナー広告のデザイン・効果を 競うクリエイティブアワードを開催いたします。 本企画は、バナー広告のデザインの可能性を探り、もっと面白いものに していきたいという想いから生まれたデザインコンペティションです。 作品の募集を、本日4月7日より開始いたしましたのでお知らせいたします。

【本アワードの特長】
・協賛スポンサーによる課題一覧の中から、課題を一点選択後、ご応募
いただきます。
・通常のデザイン・アワードとは一線を画し、一次専攻を通過した作品
をPitta!アドネットワーク内で配信し、CTRなどの広告成果を測定した上
で受賞作品を決定いたします。
・広告配信サービスならではのアワードとして、バナー広告に関わるす
べての人々にバナー広告の奥深さ・面白さを感じていただき、今後のイ
ンターネット広告業界の活性化と発展につなげていきたいと考えており
ます。


【開催概要】
■Pitta!クリエイティブアワードスペシャルサイト
(リンク »)

■応募・参加資格
・プロアマは問いません。
・日本在住の方に限ります。

■賞
・グランプリ  1点 (賞金10万円)
・スポンサー賞 8点 (dyson掃除機、apple ipod touch、任天堂Wiiなど)

■応募期間
2008年4月7日~5月11日

■募集要項
・バナー広告の課題を選び、素材ダウンロード後、クリエイティブ・
アワード入稿規定に基づいたバナー広告を制作してください。
・スポンサー賞・グランプリは、受賞作品のデザイン、スポンサーの
審査、CTR、を総合的に判断して決定いたします。
・広告バナーの種類はGIFまたはFlash、サイズは728*90となります。
・一次選考を通過した作品は、実際にスポンサー企業の広告として
Pitta!内で配信されます。
・一次選考を通過した場合には配信サイズへのリサイズをお願いいた
します。



■応募方法
サイト( (リンク ») )内の応募フォーム
よりご応募ください。
※直接・郵送・メール添付等での応募は受け付けておりません。
サイトの応募フォームからのみの受付となりますのでご了承ください。


■審査方法
第一次選考結果の発表は5月中旬を予定しております。
通過した皆様には弊社よりご連絡を差し上げます。
第一次審査通過作品は本サイト上で紹介し、実際にスポンサーのバナー
広告としてPitta!メディアサイト内で配信されます。
Pitta!での広告配信終了後、配信成績(CTR、CVなど)をもとに再度審査を
行い、各賞を決定します。


■スポンサー
ダイソン株式会社
株式会社アークン
アスクル株式会社
株式会社ウェブクルー

■主催
株式会社デジタライズ

【本リリースに関するお問い合わせ先】
株式会社デジタライズ
担当: 高崎
住所: 〒150-8512 東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー15F
TEL : 0120-863-559、03-5456-5034(受付時間:平日/9:00~18:00)
FAX : 03-5456-5511
MAIL: info@pitta.ne.jp
URL : (リンク »)

このプレスリリースの付帯情報

用語解説

【Web広告マーケットプレイス『Pitta!』(ピッタ!)について】
■URL:www.pitta.ne.jp

■概要:『Pitta!』は、Webサイトの広告枠をオンラインで取引できる
広告マーケットプレイスです。大手ポータルサイトから個人ブログまで
様々なサイトの広告枠が揃い、スポンサー(広告主は)目的にあった出稿
先を簡単に探し出すことができます。
2008年3月末現在、総ユーザー数4000、約900スペースの広告枠をオンラ
インで販売しております。




【株式会社デジタライズについて】
2002年創業。「効率的な情報伝達サービスの構築」をコンセプトに、
ウェブサイトの制作業務、Webアプリケーションの開発業務、ポータル
サイト運営業務を行ってまいりました。
今後も多角化するニーズに対応するべく、技術とサービスの向上を行い、
Webソリューションを追求していきたいと考えています。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社デジタライズの関連情報

株式会社デジタライズ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?