~人気音楽サイト「hotexpress(ホットエキスプレス)」 と連動した着うた(R)を配信~ SoftBankの「Yahoo!ケータイ」向け『hotEXうたマガジン』のサービスを開始!

アクセルマーク株式会社 2008年05月01日

■概要
アクセルマーク株式会社(本社:東京都新宿区 代表者:小林 靖弘 
証券コード:3624)は、株式会社プランテック(本社:神奈川県相模原市 
代表者:三澤 奈生)が運営するPC向けの人気音楽情報サイト
「hotexpress music magazine(ホットエキスプレス・ミュージックマガジン)」
と連動した着うた(R)配信サービス『hotEXうたマガジン』を、
ソフトバンクモバイル株式会社の「Yahoo!ケータイ」で
2008年5月1日(水)より開始いたします。


■サービス内容
「 hotexpress music magazine」は、主にJ-POPの音楽関連ニュースや
アーティストへのインタビュー、CDレビュー、ライブレポート、
エアプレイチャートなど独自コンテンツを充実させた人気音楽情報サイトで、
月間ユニークユーザは約42万人、月間PVは390万PVです。(2007年8月時点)
「hotexpress music magazine」を運営する株式会社プランテックの協力を得て
実現したサービス『hotEXうたマガジン』は「Yahoo!ケータイ」向けの着うた(R)
サービスで、これまでの着うたRサイトに比べ、より音楽に詳しいユーザを
ターゲットとしています。音楽情報が大変豊富なため、これまでの
携帯電話向け音楽関連サイトでは情報量が足りないと感じていたユーザにも
満足いただけるサービスです。人気PCサイトの独自コンテンツを携帯電話向けに
配信することでサイトの特色を生かしつつ、
掲載コンテンツから楽曲を着うた(R)として配信します。


『hotEXうたマガ ジン』サービス概要
<アクセス方法>
 メニュー>着うた・ビデオ・メロディ>着うた>J-POP・インディーズ
<料 金>
月 額 315円/525円/1,050円(各コースとも税込)
個別課金 105円~525円の追加ポイント購入制
<対応機種>  
着うたR対応機種

*「Yahoo!」および「Yahoo!」「Y!」のロゴマークは、
米国Yahoo! Inc.の登録商標または商標です。
*「Yahoo!ケータイ」はソフトバンクモバイル株式会社の商標または登録商標です。
* 「着うた」は株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントの登録商標です。

※本サービス開始による業績への影響は軽微です。


■本件に関するお問合せ先
アクセルマーク株式会社
広報担当:河本
【TEL】03-5324-2445 /【E-mail】press@axelmark.co.jp


■会社概要
アクセルマーク株式会社
【WEB】   http://www.axelmark.co.jp
【所在地】 東京都新宿区西新宿6-24-1 西新宿三井ビルディング 13F
【電話番号】03-5324-2440(代表)
【設立】   1994年3月
【代表者】 代表取締役社長 小林 靖弘(こばやし やすひろ)
【事業内容】 携帯電話向けコンテンツの配信及び
モバイル・インターネット広告の企画、制作、販売


株式会社プランテック
【WEB】    http://www.hotexpress.co.jp/plantech/
【所在地】 神奈川県相模原市橋本2-17-21 AYAビル
【電話番号】 042-774-1466(代表)
【設立】 1991年1月31日
【代表者】 代表取締役社長 三澤 奈生
【事業内容】・テレビ・ラジオにおける放送メタデータの加工・編集事業
・音楽情報サイト『hotexpress』、『ROCKS ON THE ROAD』の運営

このプレスリリースの付帯情報

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

アクセルマーク株式会社の関連情報

アクセルマーク株式会社

アクセルマーク株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!