日本初のガジェット、ウィジェットレコメンドサービス「がじぇナビ」リリース。HANATSUKI(ハナツキ)。

株式会社ハナツキ 2008年05月08日

株式会社ハナツキ(本社:東京都中央区、代表:波多江 祐介)は、自社で運営するウィジェット、ガジェットサイト「HANATSUKI (ハナツキ)」上で、ユーザーにウィジェット、ガジェットのナビゲートをしてくれるサービス「がじぇナビ」をリリースいたします。

HANATSUKI(ハナツキ)には現在1,000以上のウィジェット、ガジェットが掲載されており、この数は国内ウィジェット、ガジェットサイトNo.1だと自負しております。
それほどの数が掲載されている当サイトから、自分好みのものを探すのは大変な手間が必要です。そんな中、自分に合ったウィジェット、ガジェットを提案してくれる「ナビゲート」機能は重宝すると判断してのリリースとなります。

また、今回の「がじぇナビ」サービス追加に伴い、サイトリニューアルも実施。各プラットフォーム別の週間ランキング機能、「目安箱」も追加。ラインキングについては例えばYahoo!ウィジェットの週間人気ランキング、Vistaガジェットだけの週間人気ランキングを瞬時に知ることが可能となる。ランキング上位ウィジェット、ガジェットは中々順位変動が少ないため、「殿堂入り」を設置し、ランキングの活性化を狙っていきます。
「目安箱」は各ウィジェット、ガジェットに対して「こんな機能追加をしてほしい」、「他のプラットフォームにも対応してほしい」などといったユーザーの声を投稿できる機能で、その集約した情報を一定スパンで開発者へ伝えていくサービスです。あえて開発者とユーザーとの双方向コミュニティにせず、質の高い開発者へのメッセージとして適切なものを当サイトが判断して伝えることが双方のメリットとなると考えております。

■がじぇナビとは
ウィジェット、ガジェットのナビゲーションサービス。ユーザーが17のジャンル、3つのオススメパックから自由に選択し、HANATSUKI(ハナツキ)がお奨めするウィジェット、ガジェットを提案するサービス。「初心者パック」、「厳選パック」、「人とは違うパック」など、最初からパッケージとして提案もいたします。
がじぇナビ (リンク »)

■新カテゴリ「ランキング」
GoogleDesktop、WindowsVista、Yahoo!Widget、AdobeAIR、iGoogle、WindowsLive、ブログパーツごとの各プラットフォーム週間ランキングを1位~20位まで更新。
ランキングの常連ウィジェット・ガジェットは「殿堂入り」となり、ランキングカウントはされない仕組みとなります。
ランキング (リンク »)


■目安箱
各ウィジェット、ガジェットに対して機能追加をしてほしい、他のエンジンプラットフォームにも対応してほしい、不具合などの動作に問題があるので解決してほしいなどユーザーの声を投稿できる仕組み。誰でも書込みは出来るが、その情報がオープンにはならないため不本意な目的の書込みを防ぐことができる。
集約したユーザーの声は投稿した人へ情報をフィードバックし、今後のウィジェット、ガジェット開発改善に結びつけてもらうためのサービスです。

■HANATSUKI (ハナツキ)概要
Windows Vistaガジェット、Yahoo!ウィジェット、Googleデスクトップガジェット、AIRウィジェットなどのデスクトップウィジェット、ガジェットから、ブログパーツ、iGoogle、Windows Liveのガジェット、ウィジェットも対応。それらを無償で掲載から入手・ダウンロードできる総合ウィジェット、ガジェットサイト。最新掲載一覧や、週間ランキングなども用意。
株式会社ハナツキが運営。
(リンク »)

【会社概要】
株式会社ハナツキ 代表取締役:波多江 祐介
所在地:東京都中央区銀座1-15-7 (リンク »)
【本件に関するお問い合わせ先】
担当:波多江 e-mail:info@hanatsuki.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

HANATSUKIキャプチャ

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ハナツキの関連情報

株式会社ハナツキ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?