編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ValueRAM DDR3ノートブック・メモリがIntel認証を取得

Intel Centrino2プロセッサー・テクノロジー用に最適化したDDR3-1066 SO-DIMM

Kingston Technology株式会社

2008-05-08 15:00

メモリ製品で世界をリードする独立系メモリメーカーKingston Technologyは5月8日、同社のノートブックPC用メモリ「ValueRAM DDR3-1066 SO-DIMM」が、Intel Centrino2プロセッサー・テクノロジー用のインテル認証を取得したと発表しました。
この新しいDDR3 SO-DIMMは次世代の高性能ノートブック・コンピュータの性能向上と低消費電力化に大きく貢献するメモリとなるものです。同製品は、2008年ドイツのハノーバーで開催されたCeBITで初めて公開され、また、中国の上海で最近開催されたIntel Developer Forumでも紹介されています。

当社でAPAC地域DRAMメモリ製品マネージャを務めるアン・バイ(Ann Bai)は「現在、デスクトップPCに代わりノートPCを使用するユーザーが増えつつあり、それに伴い、ノートPCの処理速度のさらなる向上を求める動きが強まっています。我々のDDR3 SO-DIMMは、従来のDDR2 SO-DIMMの約2倍のデータ・バンド幅を提供すると同時に、低電力仕様のためノートPCのバッテリ持続時間の大幅な延長を可能にします。」と語っています。

また、Intel社でインダストリ・イニシャティブ・アンド・パスファインディング部門のディレクタを務めるアリ・サラビ(Ali Sarabi)氏は「Kingston社のDDR3 SO-DIMMメモリ製品は我々の認証ラボの試験を通過しました。我々の最先端製品ロードマップに対応したKingston社のDDR3テクノロジーの早期サポートは、DDR3をメモリ・テクノロジーの主流として位置づけるものとなるでしょう。」と述べています。


Intel社の部品認証に関する詳細情報はWebサイト
(リンク ») をご覧ください。
また、Kingstonのメモリ製品についてはWebサイトwww.kingston.com/japanをご覧ください。

このプレスリリースの付帯情報

ValueRAM DDR3 1066 SO-DIMM

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]