アイティアクセス、組込み向けのメニュー開発負荷を軽減する自社オリジナル製品、GUI統合開発環境「Geal」を発表

アイティアクセス株式会社 2008年05月13日

デジタルモニタ、MFP、メディアプレイヤー、タッチパネルなどの各種表示デバイス向けのグラフィックインタフェース(GUI)開発を支援するGUI統合開発環境の新製品を発表。ソフトウェアの開発コストの削減を強力にサポートする、アイティアクセス初の自社オリジナル製品です。

アイティアクセス株式会社(本社:横浜市港北区、社長:鏑木祥介、略称:ITA)は本日、組込み向けのGUI(グラフィック・ユーザー・インタフェース)開発支援統合開発環境、『Geal』(読み:ジール)を発表しました。主なターゲット・アプリケーションは、デジタルモニタ、マルチファンクションプリンタ(MFP)、メディアプレイヤー、タッチパネルなどのGUIを必要とする組込み製品です。これまでファームウェア・プログラマがそれぞれ独自に開発実装してきた各種メニュー、GUI開発は、近年のフルカラー液晶デバイスの普及とCPUの高機能化により、グラフィックデザインの重要性がますます増加しており、ソフトウェア開発者の負担も年々増加傾向にありました。また、LSIベンダ提供のSDKなどが使われるようになってきているものの、そのほとんどがベンダ依存のブラックボックスであり、あらかじめ決められた処理、特定の環境下でなければ使えないものでした。このような状況の中、当社が開発した新製品『Geal』は、一般的な組込み向け開発言語であるC言語ソースコードに対応することで、プログラマによる柔軟なGUI処理を実現いたしました。また、高速かつ省メモリにブラッシュアップされたAPIライブラリを提供することで、処理能力の低いCPUおよびGPUへの移植が容易に対応できるため、ハードウェアの選択肢が大きく広がり、各種プラットフォームへの開発資産の継承が可能となります。さらに、別製品の画像圧縮伸張ミドルウェア”IMPress”やデータベースミドルウェアといったアイティアクセスの取り扱い製品と組み合わせることで、カスタマの製品開発期間を短縮可能とし、迅速な市場投入をトータルで支援いたします。


Gealエディタ
WindowsベースのGUIデザイン設計、レイアウト、シミュレーション・ビューワーなどが統合された開発環境です。操作性はWindowsの標準的な開発環境に合わせて、プログラマにとっての使いやすさを重視したツールとなっております。このGealエディタ上にて各種画像データをインポート、画面に視覚的に配置していくことで、ターゲットデバイスと同等の画面をデザインすることができます。アイコン、ボタンといった各種パーツはもちろん、グラフィックデータやフォントデータの変換インポート、多国語対応時の単語リソース一括エクスポート/インポート機能など、GUI開発に必要となる各種リソースを一括デザイン・管理する機能など、GUI開発に必要な機能が統合されたツールです。データはすべてC言語ソースコードとして出力されますので、ターゲットでのそのまま利用するだけでなく、プログラミングによる自由なアクセスが可能ですので、プログラマのアイデア次第で、アニメーションやスクロールといったことも実現可能です。


Geal-Engine
上記Gealエディタにて作成されたC言語データを表示するためのエンジンです。組み込み用を意識した、省メモリかつ高速・コンパクトにチューンされた描画命令をベースにしたAPIとなっており、どのようなRTOS(リアルタイムOS)にも、またOSレスの環境にも対応できるようになっております。そのため32ビットCPUはもとより、16ビットクラスの低機能マイコンへも移植対応です。GPU(グラフィックプロセッサ)への描画命令についても、各チップのグラフィックモード(色数)、解像度といった部分をC言語出力時点で最適化できる構造になっており、CPUからアクセス可能なVRAM(ビデオRAM)を持つGPUであれば、ほとんどのハードウェアに移植可能ですので、各種ターゲットへのポーティング可否はご相談ください。また、Gealエディタで出力されるデータはC言語ソースで、API仕様は公開しておりますので、自社にてエンジンを独自実装することも可能です。


対応ハードウェア
 現時点で対応・動作確認しているのは、下記ハードウェア・LSIです。
・テキサス・インスツルメンツ、DaVinci™ プロセッサ・シリーズ(動作確認は、DM6437 デジタル・ビデオ開発プラットフォームにて)
・ルネサス テクノロジ SH7760 (動作確認は、T-Engine開発キットにて)
・シーラス・ロジック EP9315 (動作確認は、アットマークテクノ Armadillo-9にて)
 ※対応可否の詳細はお問い合わせください。


■価格とリリース時期
 新製品『Geal』は、現在ベータ版をリリース。Version1.0リリースは2008年夏を予定しております。製品詳細につきましてはアイティアクセスのホームページ( (リンク ») )をご参照ください、また、ベータ版評価希望、価格その他ご質問などにつきましては、アイティアクセス営業にお問い合わせください。


■アイティアクセスについて
アイティアクセスは2000年4月にNetFrontの開発元のACCESSと半導体商社のイノテックの合弁で設立されました。アイティアクセスは、ACCESS社のブラウザとWindRiver社のリアルタイムOSを中核とした組み込みソフトのワンストップソリューションを提供しております。今後は地デジ対応と次世代ネットワーク対応で新規開発案件の拡充及び高付加価値な自社製品のご提供を目指してまいります。


■製品に関するお問い合わせ  
 アイティアクセスに関する詳細は (リンク ») をご覧ください。また、本件につきまして、ご質問等がございましたら下記までお問い合わせください。

アイティアクセス株式会社
〒222-8545 横浜市港北区新横浜3-17-6
Tel:045-474-9095 Fax:045-474-8823
E-mail:info@itaccess.co.jp


※ WindowsはMicrosoft社の商標です。その他すべての商標および登録商標はそれぞれの所有者に帰属します。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

アイティアクセス株式会社の関連情報

アイティアクセス株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR