~ 人気アーティストのビデオクリップを丸ごと一本配信するサイト ~ 『ベストヒットMUSIC動画』でEMIミュージック・ジャパンのビデオクリップ配信開始!

アクセルマーク株式会社 2008年05月21日

■概要
アクセルマーク株式会社(本社:東京都新宿区 代表者:小林 靖弘 
証券コード:3624 以下、アクセルマーク)は携帯電話向け音楽動画コンテンツ
専門サイト『ベストヒットMUSIC動画』にて、株式会社EMIミュージック・ジャパン
(本社:東京都港区 代表者: 堂山 昌司)の所属アーティストの
ビデオクリップ(※)の配信サービスを、2008年5月21日(水)より開始いたします。

■サービス内容
『ベストヒットMUSIC動画』は、株式会社NTTドコモの「iモード(R)」、
KDDI株式会社の「EZweb」向けに、人気アーティストのビデオクリップや
ライブ映像を携帯電話向けに高画質で配信する音楽動画配信サイトです。
サイトでは、人気のJ-POPアーティストのビデオクリップからTV番組主題歌・挿入歌
の楽曲の映像まで取り揃えており、映像を1曲丸ごとダウンロードして
お楽しみいただけます。
この度、本サイトでは株式会社EMIミュージック・ジャパンの所属アーティスト
のビデオクリップの配信を開始いたします。これにより、
『ベストヒットMUSIC動画』では人気J-POPアーティストの楽曲を大量に取り揃える
ことが可能となりました。配信するビデオクリップ数は約80曲からスタートし、
順次楽曲数を増やしていく予定となっております。
アクセルマークでは今後も音楽だけではなく、あらゆるジャンルの携帯電話向け
動画配信サイトにおいて、コンテンツの内容を充実させていくことで
動画配信サイトの強化を図ってまいります。

■配信アーティストと楽曲名
・宇多田ヒカル「Prisoner Of Love」、「HEART STATION」
・The THREE (布袋寅泰×KREVA×亀田誠治)「裏切り御免(スピンオフ・HOTEI version)」
・DJ OZMA「人気者で行こう!」
・Base Ball Bear「changes」
・吉井和哉「Love Communication(Live)」     他(五十音順)

※ビデオクリップとは
高音質と高画質な映像をアーティストの楽曲とともに携帯電話で
お楽しみいただけるサービスです。また、携帯電話で映像を再生するほかにも、
着うた(R)としてもご利用いただけます。
詳細は株式会社NTTドコモ、KDDI株式会社にてご確認ください。

『ベストヒットMUSIC動画』サービス概要
<アクセス方法>
「iモード(R)」
メニュー>動画/ビデオクリップ>音楽
「EZweb」
メニュー>着うたフル・ビデオクリップ>ビデオクリップ
<料 金>
月 額: 「iモード(R)」 315円/525円/1,050円(各コースとも税込)
     「EZweb」  525円/1,050円(各コースとも税込)
個別課金: 105円~525円の追加ポイント購入制
<対応機種>  
ビデオクリップ、10MB「iモーション(R)」 対応端末

*「iモード」「iモーション」は株式会社NTTドコモの登録商標です。
*「EZweb」はKDDI株式会社の登録商標です。
*「着うた」は株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントの登録商標です。


※本サービス開始による業績への影響は軽微です。


■本件に関するお問合せ先
アクセルマーク株式会社
広報担当:河本
【TEL】03-5324-2445 /【E-mail】press@axelmark.co.jp


■会社概要
アクセルマーク株式会社
【WEB】    (リンク »)
【所在地】 東京都新宿区西新宿6-24-1 西新宿三井ビルディング 13F
【電話番号】03-5324-2440(代表)
【設立】   1994年3月
【代表者】 代表取締役社長 小林 靖弘(こばやし やすひろ)
【事業内容】 携帯電話向けコンテンツの配信及び
       モバイル・インターネット広告の企画、制作、販売

このプレスリリースの付帯情報

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

アクセルマーク株式会社の関連情報

アクセルマーク株式会社

アクセルマーク株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?