得点と格付けで特許の“質”を評価 「IPBパテントスコア」のダウンロードサービスを開始

特許価値がリアルタイムで評価可能に

株式会社アイ・ピー・ビー 2008年06月06日

株式会社アイ・ピー・ビー(本社:東京都港区、代表取締役社長:浴野稔)は本日より、個別特許の“質”を得点化・格付けして評価する「IPBパテントスコア」のダウンロードサービスを開始いたします。

特許の“量よりも質”が問われ始め、特許の戦略的活用が模索されている今日、特許の価値を評価する手法が求められています。当社では2007年、個別特許の質を客観的かつ自動的に評価する「IPBパテントスコア」のサービスを開始いたしました。これまでは個別案件ごとの受注方式でサービスを提供してまいりましたが、特許の質に対する評価ニーズが高まってきたことを受け、このほど、ダウンロードサービスをご提供することになりました。

「IPBパテントスコア」は、自社で保有する特許群全体の実態把握や、特許から見た自社と競合他社の技術競争力の比較、特定技術分野における競合分析にご利用いただくことで、特許の棚卸し(維持・放棄など)に関する判断や、企業における特許出願戦略、研究開発戦略、知的財産戦略の策定を支援いたします。また、研究開発効率の測定や研究者に対する発明評価の指針などにもご利用いただけます。

「IPBパテントスコア」のダウンロードサービスは、インターネット特許情報解析サービス「パテントアトラス」*からご利用いただけます。
*会員登録(無料)が必要です。


IPBパテントスコア ダウンロードサービスの詳細については、下記ウェブサイトをご覧ください。
(リンク »)

<IPBパテントスコア ダウンロードサービスの特徴>
1)24時間365日、いつでもご利用いただけます。

2)リアルタイムで特許を評価します。

3)お客様がお持ちの公報番号(出願・公開(公表)・特許番号)のリストをファイルでアップロード、もしくは直接入力するだけで、パテントスコアとレイティング(格付け)のリストを作成、ウェブ上で表示します。

4)パテントスコアとレイティングのリストはCSV形式のデータとしてダウンロードできるので、目的にあった加工、分析にご利用いただけます。

5)ダウンロードデータにはパテントスコアとレイティング、基本的な書誌情報に加えて、パテントスコア算出のベースとなる「経過情報」も含まれています。

<料金>
*特許(対象公報)1件当たり2,100円(税込)
*サービス開始を記念して、特許(対象公報)1件当たり1,050円(税込)の特別価格にてご提供いたします(2008年12月末まで)。
*お得なポイントもご利用いただけます。

ポイント購入の詳細については、下記ウェブサイトをご覧ください。
(リンク »)

<IPBパテントスコアの概要>
パテントスコアは、当社が独自に開発した特許自動評価システムです。主に特許の出願から審査、登録、放棄、失効に至るまでの手続き状況を記録した経過情報をもとに、対象となる特許に対して3者(出願人、審査官、競合他社)が起こしたアクションなどを指数化することで、個別特許の注目度(評価)を得点化、格付けしています。アクションには、出願人の権利化への意欲を表すものや、審査官の判断、競合他社による権利化けん制の度合いを表すものなどがあります。

IPBパテントスコアの詳細については、下記ウェブサイトをご覧ください。
(リンク »)

このプレスリリースの付帯情報

パテントスコア活用事例

用語解説

<ご参考>株式会社アイ・ピー・ビーについて
株式会社アイ・ピー・ビーは、知的財産(特許・技術)関連事業を手掛ける企業です。2001年5月の設立以来、特許・技術と企業に関する各種情報サービスから特許・技術の価値評価および格付け、特許・技術の戦略的活用にかかわるコンサルティングまで、多彩なソリューションをご提供しております。
当社に関する詳細な情報は、下記ウェブサイトを通じて入手できます。

株式会社アイ・ピー・ビー ウェブサイト
(リンク »)

知財に関する総合情報サイト「IPNEXT(アイピーネクスト)」
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社アイ・ピー・ビーの関連情報

株式会社アイ・ピー・ビー

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!