ワイヤレスネットワークの拡大とコンプライアンス要件:世界のワイヤレス侵入検知・防止システム市場の成長を牽引

株式会社グローバル インフォメーション 2008年06月09日

From DreamNews

先端分野の市場情報を提供する株式会社グローバル インフォメーション(神奈川県川崎市、代表取締役社長:小野 悟)は、米国調査会社Frost & Sullivanの発行する最新の英文調査報告書「World Wireless Intrusion Detection and Prevention Systems (WIPDS) Markets」の販売を開始いたしました。

ワイヤレス侵入検知・防止システム(WIPDS)市場はこれまでニッチ市場とされてきました。しかしWLANが普及し、セキュリティ上の脅威がますます複雑化するにつれ、WIPDS市場は徐々に広がりを見せつつあります。WIDPSシステムに対するニーズは、規制の遵守やコーポレートワイヤレスネットワークを保護する必要性から、すべての産業別市場において一様に高いものです。

米国の調査会社Frost & Sullivan社の最新調査報告書「World Wireless Intrusion Detection and Prevention Systems (WIPDS) Markets」では、2007年におけるWIPDS市場は1億5,000万米ドルの収益規模を記録し、2014年には5億7,250万米ドルの規模に成長すると推計されています。

Frost & Sullivan社のリサーチアナリストであるMartha Vazquez氏は次のように述べています。「企業はワイヤレスネットワークによって得られるコストおよび生産性上のメリットを享受していますが、拡大するセキュリティ上の脅威から顧客のデータベースや金融資産を保護することも企業にとって非常に重要なことです。ワイヤレスネットワークに関連するセキュリティ上の欠陥から、WIDPSは企業ネットワークの保護において重要で欠くことのできないエレメントとなっています。」

【 英文市場調査報告書 】

World Wireless Intrusion Detection and Prevention Systems (WIPDS) Markets

世界におけるワイヤレス侵入検知および防止システム(WIPDS)の市場

(リンク »)

出版社Frost & Sullivan

出版日2008/04


【 本件に関するお問合せ先 】

株式会社グローバル インフォメーション

〒215-0004 川崎市麻生区万福寺 1-2-3

アーシスビル 7階

担当: 営業1課

E-mail:sl1@gii.co.jp

電話: 044-952-0102

FAX: 044-952-0109

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR