データ復旧研究センターIDEMAに会員でHDDの世界化に進め

㈱DATA OKのデータ復旧研究センター(www.dataok.jp)が2008年6月にIDEMA JAPAN(日本HDD協会www.idema.gr.jp)に加入したと発表した

データ復旧研究センター 2008年06月09日

㈱DATA OKのデータ復旧研究センター( (リンク ») )が2008年6月にIDEMA JAPAN(日本HDD協会 (リンク ») )に加入したと発表した。㈱DATA OKはこれまで長年培ってきた経験と研究開発により、正確で適確なデータ復旧技術、独自のノウハウを保有することが出来たが、近年データ復旧の依頼が増加していることと更なる大情報化社会になると予想されることを踏まえディスクドライブ業界に関連する全ての企業、業界の発展・交流促進を目的とした活動を行うことを目的に、IDEMA JAPANに加入することを決定した。

IDEMAに加入する事によってデータ復旧研究センターは一層基盤が強化される見通しだ。
青山部長は最先端データ復旧の技術力の追求とお客様満足を経営のモットーとしているため技術革新、創造力の発揮、新技術への挑戦を行うことを怠らずお客様と共に発展し続けたいと話す。更に「日本だけでなくUSA、アジアなど諸外国の世界的な企業にもグローパルな視野を向けてHDDのデータ復旧最先端技術を浸透させて行きたい」というビジョンを述べた。「日本のデータ復旧も世界的な基準で向かう義務が必要だ」とし「データ復旧の発展のために今後5年間に渡り段階的に行っていく」と明らかにした。
 
データ復旧研究センターの技術をワールドスタンダードとするために今後5年間収益の30%を研究費用として割り当てるとも青山氏は言う。


/////////////////////////////////////////////////////////////////////

≪本件に関する問い合わせ先≫
株式会社DATA OK
〒101-0026 東京都千代田区外神田4-7-5 石川興産ビル3F
TEL:03-6273-9099 FAX:03-6273-9898 
担当者:小津源 大紀
E-mail:info@dataok.jp
URL: (リンク »)

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

このプレスリリースの付帯情報

㈱DATA OKがIDEMA JAPANに加入

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

データ復旧研究センターの関連情報

データ復旧研究センター

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!