3Gのサービス期間短縮

株式会社データリソース 2008年06月12日

米国の調査会社ヘビーリーディング社の市場調査レポートが5月に刊行されました。

W-CDMAはようやく世界の3G無線技術の主流になりつつあるが、4GのモバイルWiMaxやLTE技術のサービスが現在の計画通り開始された場合、3Gのサービス開始が予定より遅れた分、サービス期間は縮まるだろう。その結果、オペレータやベンダ内部のネットワークプランは、今まで以上に課題が多いものとなっている。米国の調査会社ヘビーリーディング社の調査レポート「3Gのサービス期間短縮:GSM、LTE、W-CDMAの将来」は、GSM/EDGEとW-CDMA/HSPAの今後の規制、規格、製品展開について論考している。また、オペレータによる設備投資の選択を左右する要因を分析し、新しい市場のダイナミクスと研究開発の関連の上でベンダのポジショニングを査定している。

◆調査レポート
3Gのサービス期間短縮:GSM、LTE、W-CDMAの将来
(リンク »)

◆米国ヘビーリーディング社リサーチについて
(リンク »)

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!