DBMotoが IBM Informix Dynamic Server Validation(認定)を受ける

株式会社クライム 2008年07月01日

米国カルフォルニア発(2008年6月25日付) ; データ・インテグレーション&アクセス(DIA)マーケットのリーダの米国HiT Software社は自社のDBMoto6.2がIBM社の Informix Dynamic Server(IDS)の Validation(認定)を受けたと発表しました。

DBMoto(旧DB2Motion)はエンタープライズ・サーバとデスクトップのリプリケーション・ニーズに関して、新たなリアルタイムのデータ・リプリケーションを実行します。IBM Informix Dynamic Server, IBM DB2 (iSeries/AS40と zOSを含む), Oracle, マイクロソフトSQL Server, マイクロソフトAccess, Sybase Adaptive Server Enterprise, MySQL , PostgreSQLなどほとんど全てのデータベースをサポートします。リフレッシュ・モードではDBMotoはデータをリードし、アドミニストレータが指定したマッピング・ルールを適応して、ターゲットのデータベースに結果をライトします。ミラー・モードではDBMotoはトランザクション・ログをベースにリアルタイムでインクリメントなリプリケーションを実行します。強力で使い易いアドミニストレータ・ウイザードで簡単に設定できます。他のリプリケーション・ソフトとは違い、DBMotoはMicrosoft VBScriptを使用してデータのリプリケーション、転送に関する変更・管理が可能です。

米国IBM 社Data Management Marketing担当Vice PresidentのInhi Cho氏は次のように述べています。「IBMはHiT Softwareのようなデータ管理の革新を通じて、ハイパフォーマンスを実現する企業を手助けすることをコミットしています。当社のパートナーとクライアントにとって更にIBMを選択するシフトがデータベース・ソフトウェア・マーケットに関して起こっています。IDSとDBMotoの組み合わせはユーザに高速で、セキュアで、信頼が高い、スケーラブルなデータ管理システムを提供するもので、これによりクライアントの競争力の向上とビジネス成長を手助けするものです。」

■ HiT Softwareについて:
「DBMoto(デービーモト)」は米国Hit Software社 ( (リンク ») )が開発したクロスプラットホームでのリアルタイム・データベース・レプリケーション・ツールで、クライムが2004年11月に日本国内での販売権を取得し、国内で発売するものです。クライムでは、同じHiT Software社が開発したリアルタイムXML-RDB双方向変換Javaツール「Allora」、DB2用アクセス・ツール「SQL Middleware」,インターネット、イントラネット通信セキュリティ・ツース「SafeConduct(セーフコンダクト)」を2004年11月から発売中です。

■ お問い合わせ先:
(株)クライム
ソフトウェア営業部
〒103-0014 東京都中央区日本橋蛎殻町1-25-4
日本橋栄ビル4F
TEL:03-3660-9336 FAX:03-3660-9337
(リンク »)
Email: soft@climb.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社クライムの関連情報

株式会社クライム

株式会社クライムの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!