インデックス、総務省のユビキタス特区事業「マルチワンセグメントサービスの実証」に参画 7月7日~9日の洞爺湖サミットにて実証実験を実施 ~データ放送やWebサイトなど配信コンテンツのプロデュースに協力~

株式会社インデックス 2008年07月04日

株式会社インデックス (代表取締役社長: 小川 善美 本社: 東京都世田谷区 以下、インデックス)は、総務省のユビキタス特区事業のひとつである「マルチワンセグメントサービスの実証」において、実施主体である「マルチワンセグメントサービス実証実験協議会」(事務局: 札幌総合情報センター株式会社) のサミット部会に参画し、2008年7月7日~9日の「北海道洞爺湖サミット」開催期間中に北海道洞爺湖留寿都村内において実施される実証実験に参加します。


◆「マルチワンセグメントサービスの実証」概要について
従来の地上デジタル放送は1チャンネルを13のセグメントに分割して、12セグメントを使った地上デジタル放送と1セグメントの「ワンセグ」放送と同じ番組を提供していましたが、「マルチワンセグメントサービス」では1チャンネル=13セグメントにそれぞれ異なる映像サービスを提供することにより、モバイル端末向け放送を低コストで多チャンネル化することが可能となります。

この「マルチワンセグメントサービス」を利用して、サミット参加G8各国の代表的な放送チャンネルや地元北海道の放送局の放送をそのままリアルタイムでIMC(メディアセンター)までIP伝送し、モバイル端末向けに再送信します。また、データ放送や携帯電話のフルブラウザー機能を用いて、各国のニュースチャンネルを視聴(放送を受信)している状態から、その放送局のWebサイトにシームレスにリンクさせて、同一端末上でニュース関連情報を閲覧することができます。

●「マルチワンセグメントサービス」について(総務省発表資料)
基本計画書:
  (リンク »)
北海道洞爺湖サミットでのデモンストレーション概要:
  (リンク »)


◆「マルチワンセグメントサービスの実証」への参加内容
本実証実験では、北海道洞爺湖サミットに訪れる国内外の報道関係者などに対して、マルチワンセグメントサービスに対応した実験用携帯端末を貸与し、実験局から送信されるマルチワンセグメントサービスの放送番組の視聴や、データ放送から関連するWebサイトへのリンク接続を実体験していただくとともに、技術的検証等を行うことを目的としています。

インデックスは、マルチワンセグメントサービスによって提供される13セグメントで放送されるコンテンツのプロデュース協力を行います。これまで数多くのモバイルサイトの構築、運用および、データ放送制作を通して培ったノウハウを活かし、G8各国の放送チャンネルに関するデータ放送やWebサイトへの遷移など、放送と通信の連携に関わるデザイニングなどを行います。

●「ユビキタス特区」事業について
総務省発表資料:  (リンク »)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社インデックスの関連情報

株式会社インデックス

株式会社インデックスの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!