ECサイト構築のECBB株式会社、ドットコネクト株式会社が提供する心理カウンセリング事業『ナチュラルリソース』に企業ブログ(PC版・携帯版)を提供

ECBB株式会社 2008年07月10日

From DreamNews

ECサイト構築・CMS構築・ブログ構築等のパッケージ販売を手掛けるECBB株式会社(代表取締役社長 松浦康裕)は、ドットコネクト株式会社(代表取締役 建部弘志)の心理カウンセリング事業『ナチュラルリソース』に、ブログ構築システムの導入によりPC版・携帯版が連動したセラピストによるブログ『日常の中のリフレイム』を提供しました。

ECBB株式会社[ (リンク ») ]は『ナチュラルリソース』[ (リンク ») ]に対して、共同事業型のWeb展開(「レベニューシェア事業」[ (リンク ») ])を進めています。今回リリースした『日常の中のリフレイム』[ (リンク ») ]にはECBB株式会社製品『ブログ構築・ブログポータル構築システム(携帯対応)[ (リンク ») ]』が導入されており、PC・携帯の両方のブログに記事の同時投稿が可能です。

『日常の中のリフレイム』はナチュラルリソースのメインセラピスト佐藤亜希さん[ (リンク ») ]のブログで佐藤さんの心に関する考え方や日常生活が綴られており、サイトに訪れたカウンセリング希望者にカウンセラーのキャラクターを感じてもらうことを目的としています。

ECBB株式会社の『ブログ構築・ブログポータル構築システム(携帯対応)』は、システムの導入だけに留まらず、ブログによるWebマーケティング価値の増大を提案し、デザインやSEO対策など総合的なブログ構築を実現します。



【心理カウンセリング『ナチュラルリソース』について[ (リンク ») ]】

『ナチュラルリソース』は東京都渋谷区渋谷にある心理カウンセリングルームです。様々な症状を自分のために生きていく力の喪失と考え、自分らしい自然な生き方を回復するためにセラピストが心理カウンセリングにあたります。


【ブログ構築・ブログポータル構築システム(携帯対応) [ (リンク ») ]】


●ブログ発行無制限
複数のユーザーにそれぞれブログを提供することができます。
(ユーザー数に応じたライセンス料無料。導入費用・月額費用のみ)


●ポータル機能
会員にブログを配る等、ブログポータルが構築可能です。
フランチャイズや多数の支店を抱える企業の情報共有ツールとしても有効です。


●企業内の情報共有強化
確実なアカウント管理による企業情報の共有・管理ツールとして、ナレッジの蓄積や改善点の発見など業務効率の改善に効果的です。


--------------------------------------------------------------
【ECBB株式会社 会社概要】


名称:ECBB株式会社
代表取締役社長 : 松浦 康裕
本社住所:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-9-10 渋谷アサヒビル 8階
TEL:03-5468-6427
FAX:03-5468-6428
E-MAIL:[info@ecbb.jp]
URL:[ (リンク ») ]


事業内容:
・ECBBブログ構築・ブログポータル構築システム
  (リンク »)  
・ECBB CMS構築(SEO対応)
  (リンク »)
・ECBBオンラインショップ構築・ECサイト構築パッケージ
  (リンク »)  
・ECBB自社アフィリエイトシステムSEO対応
  (リンク »)  
・ECBB SEO
  (リンク »)  
・ECBBメール配信ASP・メール配信システム
  (リンク »)
・ECBBレベニューシェアサービス
  (リンク »)  
-------------------------------------------------------------

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?