ナレッジサインの企画・運営による 日立システムアンドサービス主催「ヒューマンキャピタル研究会」が発足

人事/労務管理のリーダーが企業価値を高めるために何を行うべきかをディスカッションしながら他社のナレッジを共有!

株式会社ナレッジサイン 2008年07月22日

 株式会社日立システムアンドサービス(本社:東京都港区、執行役社長:三好 崇司/以下、日立システム)は、株式会社ナレッジサイン(本社:東京都中央区、代表取締役:吉岡 英幸/以下、ナレッジサイン)の協力を得て、各企業で適正な人事・労務管理を推進していくことで、人財の価値や企業の価値を高めていくことを目的とした「ヒューマンキャピタル研究会」を7月14日に発足しました。

近年、企業においては、労働関連法令の遵守をはじめとしたコンプライアンスの強化だけでなく、適正な人材の配置、ワークライフバランスの実現など、人事・労務管理の強化が求められており、各企業の人事・労務管理のリーダーは、具体的にどのように進めていけばよいのかといった共通の課題を抱えています。
日立システムは、従業員フロントソリューション「リシテアシリーズ」を導入された企業の担当者などから、他社の人事・労務管理のリーダーはどのようにこれらの課題に対処しているのかといった相談をされることが多かったことから、各社のリーダーが問題点を共有し解決策を見出していくための「ヒューマンキャピタル研究会」を発足させることにしたものです。

日立システムは、「ヒューマンキャピタル研究会」の発足により、参加された企業の人財の価値や企業価値を高めていくことともに、議論した結果を従業員フロントソリューション「リシテアシリーズ」のソリューションサービスにフィードバックしていくことで、更なるお客様への価値向上の支援につなげていくことも目的としています。

ナレッジサインでは、本研究会の企画および運営、ワークショップのファシリテーションを手がけます。

7月14日に開催した第1回情報交換会では、日立システムの従業員フロントソリューション「リシテアシリーズ」を導入された企業を含め、運輸、建設、製造、情報通信など5社7名の人事・労務管理のリーダーが出席し、ナレッジサインの司会によって「価値創造のために取り組む労働時間管理の適正化」をテーマに議論を行いました。当日の内容は、後日ナレッジサインのWebサイトに掲載し、出席できなった企業の人事・労務管理のリーダーにも情報を共有していきます。第2回情報交換会は、8月27日に予定しており、「長時間労働を削減する具体策を考える」について議論する予定です。


●「ヒューマンキャピタル研究会」に関する詳細、また第2回開催の詳細はこちらから。
(リンク »)

●本リリースの掲載ページはこちらから。
(リンク »)


■この件に関するお問い合せ先
株式会社ナレッジサイン
広報担当:TEL 03-3555-6901/FAX 03-3555-6902

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ナレッジサインの関連情報

株式会社ナレッジサイン

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR