Sedo GmbH、環境キャンペーンSedoCars で”希望の井戸”を!

Sedo GmbH 2008年07月25日

From DreamNews

この度、Sedo GmbH Sedo(本社 Sedo GmbH:代表取締役社長:ティム・シューマッハー以下、Sedo)は環境活動の一環として、8月1日~31日まで”希望の井戸”キャンペーンを行いますので、お知らせいたします。
SedoCares について

今日、インターネットは革新的なアイデアをビジネス分野で実践するために、多くの人々に門戸を開いています。
Sedoもそのチャンスを逃すことなく、今日も成長しつつあるドメインのセカンダリー市場でその恩恵を受けてきました。
2001年の弊社創立以来、国際的な分野で多くのことに達成してまいりました。弊社のドメイン・プラットフォームは、
今日、200カ国以上からの70万人以上のユーザーの皆様に支えられています。
このグローバルな成功に導いて下さったSedoユーザの皆様、またパートナーの皆様に心より感謝申し上げます。

企業の成長とともに、私たちの責任も日々高まる一方です。そこで、イニシアティブSedoCareが
Sedoのスタッフによって提唱されました。このイニシアティブを通して、 少しでも多くの皆様に支援、
援助を必要とする人々に目を向けていただきたいという 願いを込めて、より多くのSedoユーザの皆様に
参加していただく” 希望の井戸” キャンペーンを開催いたします。

このキャンペーンでは、慈善団体CHF Internationalに寄付する一方で、 参加者の中から
抽選で1名に賞金をお渡しいたします。 また、CHFへの寄金は、エチオピアの村に独自の井戸を
敷設する目的で使用されます。

キャンペーンの内容

この寄金は各取引額(Sedoの売り上げ)の一部を、寄金に当てるというものです。
8月中のSedoでの取引額が、1000 USD/EUR/GBP の場合は、10 USD/EUR/GBPを、
また1000 USD/EUR/GBP 以下の場合は、1 USD/EUR/GBPを寄付いたします。
8月の末の総額の半分をCHFInternational(  (リンク »)  )へ寄付し、
半分は、賞金として1名の方に差し上げます。


懸賞への参加条件

8月1日 (00:00 ) ~8月31日(00:00)の間に弊社にてお取引された
(移管が完了していること)が条件となります。賞金額は現在、約7500 USDほどが予想されます。
懸賞金額は、取引数が増えるにつれて、大きくなります。

Sedoはこの他さらに、15000USDを "希望の井戸"のために寄付いたします。


エチオピアの人々にきれいな水を!

約80%のエチオピアの人々は、十分な水を手に入れる事が出来ません。水源が乏しかったり、
また頻繁にその水源が汚染されていたり、乾季のため水が乾燥してしまっていることがあります。
エチオピアの約140万人の人々が、このような状況に苦しんでいるのです。
水を汲みにいく作業は骨の折れるものであり、何時間も時間がかかるため、
このような状況で生活する子供たちが学校へ行く体力や時間がないのが現状です。
このSedoCareキャンペーン”希望の井戸“で獲得される寄金は、現地で人口3万人ごとに
井戸を敷設し、自然の水源の構築を行うCHFインターナショナルへ寄付されます。
このCHFインターナショナルとともに、この目標を支援していきたいと考えています。


【会社概要】 
■会社名 Sedo GmbH 
■代表取締役 ティム・シューマッハー
■創 業 2001年2月  
■設 立 1999年
■資本金 37.400 Euro
■所在地 Im Mediapark 6,
   50670 Cologne Germany  
■TEL +49(0)221-34030-0  
■FAX +49(0)221-34030-102  
■URL  (リンク »)  

■事業内容 
1. ドメイン売買の仲介サービス
2. ドメインオークション
3. パーキングサービス
4. エスクローサービス (現在販売中のドメインは、1500万件です。)

■本件に関するお問い合わせ
Sedo GmbH, Kln
(リンク »)
連絡先: 和田 奈穂子 (わだ なおこ)
Tel. +49(0)221-34030-241( 直通)
E-Mail: info@sedo.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!