米パトロンスピリッツ、デジョリア氏とバカルディの所有権取得に合意

ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社 2008年08月11日

【ビジネスワイヤ】世界最高級のウルトラ・プレミアム・テキーラ「パトロン」(Patron)の製造・販売を手掛ける米パトロンスピリッツ社は、共同創業者ジョン・ポール・デジョリア氏が同社の筆頭オーナー(principal owner)になると発表した。また、これと並行して、英領バミューダ本拠のアルコール飲料大手バカルディがパトロンへの出資を行うことで合意したことも明らかにした。具体的な条件は公表されていない。この決定は、同社の持続的成長と、パトロン共同創業者の一人、故マーティン・クローリー氏が創設した慈善基金「ウィンドソング・トラスト」への資金拠出を後押しするもの。今回の取引では、両者がクローリー氏の遺言執行者が管理する資産を購入することで同社の所有権を取得することになるが、この取引による収入は同基金へ寄付される見通し。バカルディは子会社を通じてこの取引に応じるほか、同社のバリー・カバルキン副会長がパトロンの取締役に任命される予定。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

英語原文:

(リンク »)

このプレスリリースの付帯情報

Patron(R) tequila

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社の関連情報

ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!