様々なスポーツの誤審や際どいジャッジのコミュニティサイト『プレイバック』リリース               ~北京オリンピックもプレイバックで盛り上がろう~

株式会社マリーチ 2008年08月06日

From DreamNews

プレイバックは審判が下した大きな意味を持つジャッジに焦点を当て、誤審や際どいプレーのジャッジについて議論をしようというコミュニティサービスです。野球、サッカーをはじめとして様々なスポーツを対象としており、プロ、アマを問わず国内及び海外のあらゆる試合を閲覧・投稿・編集することが可能です。

株式会社マリーチ(東京都豊島区 代表取締役福島智 以下マリーチ)は、誤審や際どいジャッジのプレーの試合データをデータベース化し、その試合について議論を交わすコミュニティサービス『プレイバック』(  (リンク »)  )の提供を2008年8月5日(火)に開始致しました。

『プレイバック』は、株式会社マリーチが『教科書.net』(教科書に落書きできるサービス)に続いて提供する5番目のインターネットサービスです。


■プレイバックの概要

スポーツにおいて審判の存在は試合の一部であり欠かせない要素の一つですが、今まで審判が下すジャッジという観点から捉えたデータベースあるいはスポーツコミュニティといったものは存在しませんでした。ジャッジは人間が判断を下すがゆえに、時としてとてつもなく大きなドラマを生むことがあります。プレイバックはそんな審判が下した大きな意味を持つジャッジに焦点を当て、誤審や際どいプレーのジャッジについて議論をしようというコミュニティサービスです。


■北京オリンピック間近

北京オリンピックも2008年8月8日に開幕しますが、オリンピックをジャッジという角度からより一層盛り上げていければと考えております。過去のオリンピックで起きた誤審や際どいジャッジを閲覧することができます。また、これから始まる北京オリンピックでも注目の試合を投稿でき、試合開始前から予想してコメントを書いたり、他のユーザーのコメントを閲覧したりして楽しむことができます。


■プレイバックとは

プレイバックには、試合名、開催日、大会名、審判名、キーワード、内容が記載されているので、過去に起きた誤審や際どいプレーの試合について簡単に探して閲覧することやコメントを書いて議論を交わすことができます。YouTubeのURLや画像を貼り付けることで、プレーのより詳細な状況を確認することができます。

また、他のユーザーが投稿した試合を編集して情報を付加していくことも可能です。色々なユーザーが編集を重ねることで情報の精度を上げていくことができます。

尚、プレイバックは野球、サッカーをはじめとして様々なスポーツを対象としており、プロ、アマを問わず国内及び海外のあらゆる試合を投稿することが可能です。


■プレイバックの利用方法

プレイバックは登録して利用すること(以下、登録ユーザー)も登録しないで利用すること(以下、ゲストユーザー)もできます。登録ユーザーとゲストユーザーで使える機能が違います。

【ゲストユーザー】
・ 誤審や際どいジャッジについてコメントできます。
・ 過去の誤審や際どいジャッジについてキーワードやカテゴリで検索できます。
・ RSSで試合や競技毎に更新通知を受け取ることができます。
【登録ユーザー】
・ 誤審や際どいジャッジのプレーを投稿できます。
・ 他のユーザーが登録した誤審や際どいジャッジのプレーを編集できます。
・ 各コメントについて評価を付けることができます。
もちろん登録ユーザーはゲストユーザーの機能も利用することができます。


■株式会社マリーチ運営サービス

現在まで株式会社マリーチでは以下のインターネットサービスを開発運営しております。
・ 昔も今も、誰もがやったことがある教科書に落書きができるサービス『教科書.net』(  (リンク »)  )
・ 自分の考えていることをマップで表現し同じ事を考えている他のユーザーとつながるサービス『Marici』(  (リンク »)  )
・ ブロガーの考えていることを可視化するサービス『ブログ関心マップ』(  (リンク »)  )
・ 盛り上がった瞬間をウェブで集合写真に撮れるサービス『グルーフォ』(  (リンク »)  )

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR