編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

タッチスクリーン対応のモバイル端末出荷数は2012年までに2億3000万を突破の見込み

株式会社グローバル インフォメーション

From: DreamNews

2008-08-19 15:00

先端分野の市場情報を提供する株式会社グローバル インフォメーション(神奈川県川崎市、代表取締役社長:小野 悟)は、英国調査会社IMS Researchの発行する最新の英文調査報告書「Touchscreen & Input Technologies for Mobile Handsets - 2008 Edition」の販売を開始いたしました。

IMS Research社が発行した調査報告書「Touchscreen & Input Technologies for Mobile Handsets - 2008 Edition」によると、タッチスクリーン対応のモバイル端末売上は1年を通して着実に成長し、成長は依然強くなる見込みです。2007年におけるタッチスクリーンフォンの販売台数は3000万台をわずか下回りましたが、同社では、2012年までに2億3000万台以上に増加すると予測しています。

モバイル端末市場において、タッチスクリーンが著しくその存在を高める準備が整ったことを示す多くの兆候が見られます。 同報告書では、3大携帯電話メーカーがタッチ技術を利用した携帯電話の生産を増加させる傾向にあるとしています。 7月には、LGが700万台のタッチスクリーン端末を販売したと発表しました。これはLGが最初にタッチスクリーン式の携帯端末を発売してから、わずか5四半期後のことです。似たような成功例では、SamsungがSprintを通して最近リリースした、フルタッチスクリーンのInstinctがあります。発売からたった1週間後に、SprintはInstinctがすでにキャリアの歴史においてEV-DOデバイスのベストセラーになったと発表しました。また、Appleは最新の3G iPhone端末が発売からほんの3日間で100万台の販売を記録したと報告しました。

IMS Research社のアナリストであり同報告書の著者であるFemi Omoni氏は、「オリジナルのiPhoneはこの巨大市場がタッチスクリーンフォンに興味を持つきっかけを作り出しました。事実、消費者に人気があるだけでなく、データ収益の促進を助け、いかにタッチスクリーン端末が重要であるかを証明しました。今ではすべてのネットワークオペレーターおよび端末製造業者が、利益の分け前を欲しています。」と述べています。




【 英文市場調査報告書 】



Touchscreen & Input Technologies for Mobile Handsets - 2008 Edition



携帯端末のタッチスクリーンおよび入力技術:2008年版



(リンク »)



出版社IMS Research



出版日2008/07




【 本件に関するお問合せ先 】



株式会社グローバル インフォメーション



〒215-0004 川崎市麻生区万福寺 1-2-3



アーシスビル 7階



担当: 営業1課



E-mail:sl1@gii.co.jp



電話: 044-952-0102



FAX: 044-952-0109
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]