アドウェイズ、フェイスと提携し、MMOPRG「ローズオンライン」内に 「ROSE POINT ISLAND」を開設

株式会社アドウェイズ 2008年08月19日

株式会社アドウェイズ(以下、アドウェイズ 東証マザーズ2489、本社:東京都新宿区、代表取締役:岡村 陽久)は、株式会社フェイス(以下、フェイス 東証一部4295、本社:京都府中京区、代表取締役社長:平澤 創)と提携し、フェイスの運営するMMOPRG(※)「ローズオンライン」内で使えるポイントが貯まる「ROSE POINT ISLAND(ローズポイントアイランド)」を2008年8月19日15:00より開始いたします。

※MMOPRG:複数人が同時に参加できるオンラインロールプレイングゲーム

■ ポイントコーナー「ROSE POINT ISLAND」 (リンク »)

「ROSE POINT ISLAND」は、ローズオンラインのゲーム内で使うポイントを、無料で貯めることのできるコーナーです。
「ROSE POINT ISLAND」内で、ユーザーはスポンサー広告に対してアクションを起こすことでポイントを獲得することができます。
獲得したポイントは、ローズオンラインのマイレージポイントとして自動的に加算され、ローズオンライン内のショップにてご利用が可能です。
広告の種類は、ショッピング、無料会員登録、キャンペーン応募など、幅広いジャンルでそろえており今後も随時追加していきます。

ローズオンラインは、基本無料でゲームプレイが可能であり、ゲームを進めていく際には様々なアイテムを購入することでさらにゲームを楽しむことができます。マイレージショップでは各種アイテムやプレゼント、福引などゲームを楽しむための様々な商品を扱っています。
通常、アイテム購入には電子決済による課金が発生しますが、「ROSE POINT ISLAND」の開設により、ユーザーは料金の負担なくポイントを得ることができ、ローズオンラインでのショッピングに使うことが可能となりました。

【ローズオンラインについて】
2007年4月より、フェイスが自社開発・運営を行う、パソコン専用のオンラインコミュニティです。サービスのキャッチコピーは、“キャラクターの着せ替えが楽しい”。プレイヤーは、のべ数百種以上もの衣装アイテムで自分のキャラクターを好みに着せ替え、 インターネットでつながった全国のプレイヤーとチャットやモンスター退治などを楽しみながら、たくさんのお友達を作っていくことが可能です。基本プレイは無料のため、気軽に利用することができ、現在約50万件の会員登録実績を誇ります。
また、ローズオンラインは異業種とのコラボレーションも得意とします。最近では巷で話題の「戦国」を実装し、『戦国ローズ』※を展開中です。
※『戦国ローズ』とは
歴史時代書房「時代屋」を展開する、時代屋グループとローズオンラインがコラボレーションした『戦国エンターテイメント』企画です。
(リンク »)

□■□ 株式会社アドウェイズについて (リンク »)
2001年設立。Web媒体向けアフィリエイトプログラム「JANet」の運営をはじめ、国内最大級の広告主を有するモバイルのアフィリエイトプログラム「Smart-C」の運営、メディアの企画・開発・運営、e-コマース事業「ほしいもん.com」など多彩な事業を展開。子会社の愛徳威広告(上海)有限公司においては中国でのインターネット広告事業を展開。
2006年に東証マザーズ上場。

□■□ 株式会社フェイスについて (リンク »)
フェイス(本社:京都市中京区、代表取締役社長:平澤創)は、世界に先駆けて、携帯電話の『着信メロディ』そのものを考案、実用化し、日本国内のみならず北米、欧州、アジアパシフィック地域、南米などの世界各国で事業展開しています。また、オンラインゲーム、音楽配信、Eコマースなどの決済に利用される電子マネーも提供しています。今後も、携帯電話、パソコンなど様々な利用環境上に、『デジタルコンテンツを流通するしくみ』をグローバルに創造することで、さらなる高付加価値企業を目指します。

本件に関するお問合わせ先 ----------------------------------------------------
株式会社アドウェイズ 
担当者:広報 藤崎さえ子
TEL  :03-5339-7131
連絡先:press@adways.net

このプレスリリースの付帯情報

トップページイメージ

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社アドウェイズの関連情報

株式会社アドウェイズ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?