システム管理者を救うデータ復元ツール、「Undelete 2009」が新発売

ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社 2008年08月22日

テクノロジー関連編集者各位

カリフォルニア州バーバンク発 -- (ビジネスワイヤ) -- 2008年8月20日 -- Diskeeper社(Diskeeper Corporation)は本日、リアルタイムでのデータ保護と即時データ復元を可能にする「Undelete(R) 2009」の発売を発表しました。ビジネスの世界では、ファイルを誤って削除や上書きしたことが原因で、莫大な時間と金銭的負担を強いられる危険性があります。「Undelete(R) 2009」は、Diskeeper社が開発した「InvisiTasking(R)」技術により、ユーザーから見えないバックグラウンドで、デスクトップPCやサーバー上のファイルを即座に復元します。


「Diskeeper(R) 2007」で初めて導入された画期的なパフォーマンス技術「InvisiTasking」により、「Undelete」が各種機能を動作させても、ユーザーはそれを全く意識せずにすみます。使用されていないシステムリソースをダイナミックに検出して割り当てる「InvisiTasking」技術により、「Undelete」はユーザーに影響を与えずに稼働することができ、IT分野にかかる負担を解消します。


「Undelete 2009」には、これまでの「ごみ箱」の代わりになる、強力な「復元箱(Recovery Bin)」が用意されています。「復元箱」は、すべてのデータをキャプチャするので、ネットワーク経由で上書き・削除されたファイルなど、Windows(R)の「ごみ箱」からは通常復元できないファイルも逃しません。さらに「Undelete」は、Windowsのボリューム・シャドウ・コピーによって時々行われるデータ保護よりも優れた、リアルタイムのデータ保護機能を備えているため、データ保護に空白期間が無くなり、データを確実に守ります。あらゆるファイルの保護と瞬時復元を可能にする「Undelete 2009」が、ゆるぎないデータ防御態勢を実現します。


システム管理者は、データの消失や損傷の恐ろしさを十分に認識しています。データ消失に関するリスク評価を行って、データ無しでの業務継続・データの再作成・顧客への善後策通知、などにかかるコストを割り出してみると、データ消失が数千ドルの出費につながることも少なくありません。信頼性の高い最先端のデータ保護技術の導入は、最重要課題なのです。


Undelete 2009の主な機能


-- 「InvisiTasking」は、余分な負担をかけずに、バックグラウンドでアプリケーションの構成処理を行います。


-- 「SecureDelete(R) 2.0」は「Wipe Free Space」と連携して、機密ファイルや空きスペースの完全消去を行います


-- 「復元箱」は、ネットワーククライアントが削除したファイルも含めて、すべての削除ファイルをキャプチャします


-- 「Search Disk」により、削除されたファイルの検索と復元が可能です


-- 「Version Protection for Microsoft(R) Offices Files」は、Word、Excel(R)、PowerPoint(R)ファイルについて、上書き保存される前のバージョンも即座に復元します


-- 「Undelete Desktop Client」により、エンドユーザーがネットワーク経由でファイルを復元できます


-- 復元箱のファイルは、パージされる時期を待たずに、安全かつ即時に削除されます


-- 「Emergency Undelete(R)」は、「Undelete」のインストール前に削除されたファイルも復元します


「Undelete 2009」には現在、英語版、フランス語版、日本語版が用意されています。詳細は www.undelete.com をご覧ください。


Diskeeper社について—“Innovators in Performance and Reliability Technologies(TM):”


ホームユーザーから大企業まで、ライセンス販売数3,100万以上を誇るDiskeeper社のソフトウエアは、ノートパソコン、デスクトップ、サーバーに比類ないパフォーマンスと信頼性を提供しています。Diskeeper社はさらに「Undelete」によって、「real-time data protection and real-time data recovery(TM)」(リアルタイムのデータ保護およびデータ復元)を実現します。


本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


--30--


CONTACT: Diskeeper Corporation
Teal Thompson
818-771-1600 x 1616
tthompson@diskeeper.com

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社の関連情報

ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR