アクテル、更なる電力低減とシンプルな設計を実現する Libero IDE 8.4を発表

~設計の再利用、FPGAコア作動電圧の範囲拡大、   複数の電力シナリオの比較対照が可能に~

アクテルジャパン株式会社 2008年08月25日

アクテル(米国カリフォルニア州マウンテンビュー、日本法人: アクテルジャパン株式会社、東京都渋谷区)は本日、消費電力を 一段と低減させ、FPGAの設計をシンプルにするLibero<R>統合設計環境 (IDE)の最新版となるLibero IDE 8.4を発表しました。

最新版Libero IDE 8.4では、アクテルのフラッシュベースのIGLOO<R>、
IGLOO PLUS、ProASIC<R>3Lの各FPGA(フィールド・プログラマブル・
ゲート・アレイ)向けに、FPGAコア作動電圧の範囲を1.14から
1.575ボルトまで拡大したことにより、設計者に電源の選択肢の増加と、
更なる消費電力の低減を提供しています。Libero IDE内のSmartPower
電力解析ツールが強化され、複数の設計シナリオの比較対照が容易に
できるようになり、それぞれの消費電力や電池寿命の予測が可能です。
Libero IDE 8.4はまた、アクテルやサードパーティが作成した
IPブロック、ユーザーが開発したHDLモジュール、グルー・ロジック
機能をアクセス可能なプロジェクト領域に容易に組み込むことが
できるため、短時間で効率的に設計することが可能です。


アクテルのソフトウェア・ツール担当シニア・マーケティング・
マネジャー、Fred Wickershamのコメント

「消費電力と設計サイクルに敏感な市場でプロジェクトを成功させる
には、ソフトウェア・ツールが重要になります。シンプルな低消費
電力設計向けでも、高度なプロセッサベースのシステムオンチップ
向けのソリューションでも、新製品のLibero IDE 8.4は、容易に
使用できるツールを備えており、設計内の電力消費の源を判別して
削減、ロジック機能向けに新しいHDLコードを書くといった単調な
設計作業を排除、FPGA内や外付けの多数の機能を接続することに
より設計プロセスを劇的にシンプルにします。」


新たに強化されたLibero IDE 8.4

新製品のLibero IDE 8.4は、フラッシュベースで1.2V のIGLOO、
IGLOO PLUS、ProASIC3Lの各FPGA向けに、FPGAコア作動電圧の
範囲を1.14から1.575ボルトへ拡大したことにより、電源の選択肢が
増え、一段と消費電力の低減を可能にしました。Libero IDE 8.4は
また、SmartPower電力解析ツールの機能を強化しています。
新たなツールでは、ユーザーが定義した複数の電力プロファイル
「シナリオ」を作成・比較することで、ユーザーは動作をテストし、
消費電力に敏感なアプリケーション向けに最良の設計アプローチを
決定することができます。使用が一段と容易になった上、設計の
すべての機能モードで電力使用を把握でき、SmartPowerの消費
電力をグラフに表示することも可能になりました。


従来の設計手法では、FGPAシステムもしくはサブシステムを
構成する、ロジック機能を必要な組み合わせで作成する
HDLコードやスケマティック設計を一から生成する必要があります。
Libero IDE 8.4では、SmartDesignの改良により、ユーザーや
サードパーティが作成したHDLモジュール、IPブロック、グルー・
ロジック機能をプロジェクト領域へインポートすることが可能に
なりました。インポートした機能、もしくはIPコアの既存の
カタログの中から必要なブロックを迅速に選択し、ホワイトボード
のような「キャンバス」上にドロップして、システム・ブロック・
ダイアグラム内を見ながら、接続することができます。
最終的には、設計ルールを確認し、シンセシスが可能な状態と
なったHDLファイルを作成することができます。SmartDesignは、
短時間でのシンプルな設計の作成にも、プロセッサを使用する
高度で複雑なシステムオンチップ・ソリューションにも対応して
います。


価格と出荷時期

アクテルのLibero IDEのゴールド・バージョンは無償で、
Windowsに対応しています。すべてのバージョンの
ライセンス期間は1年間となり、更新が必要です。
詳しくは、アクテルの正規代理店にお問い合わせ下さい。


アクテルについて

アクテルは低消費電力とミックスド・シグナルFPGAのリーダーで、
システムならびに電力管理の広範囲にわたる製品群を提供しています。
Power Matters;電力が問題なのです。
詳しい情報はウェブサイト (リンク ») をご覧下さい。

用語解説

※ ActelおよびLibero, IGLOOとProASICの名称とロゴは
  Actel Corporationの登録商標です。その他の全ての商標と
 サービスマークは、それぞれの企業・団体に所有権が帰属します。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

アクテルジャパン株式会社の関連情報

アクテルジャパン株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?