gumi、健全なコミュニティ運用管理に関する第三者認定を取得

モバイルコンテンツ審査・運用監視機構、初の認定サイトへ

株式会社gumi 2008年08月29日

株式会社gumi(東京都目黒区、代表:国光宏尚)が運営する携帯SNS&エンタメナビgumi(以下、gumi)は2008年8月29日、有限責任中間法人モバイルコンテンツ審査・運用監視機構(以下、EMA)より「コミュニティサイト運用管理体制認定基準」適合サイトとして認定されました。

昨今、モバイルインターネットの利用に際し、青少年保護に対する社会的関心が高まっている中で、弊社はかねてよりコミュニティ健全性の維持に努めて来ましたが、今後は運用体制をさらに強化してゆくと共に、青少年の啓発・教育を含むモバイルコミュニティ運営事業者としての社会的責任を果たして参ります。

・有限責任中間法人モバイルコンテンツ審査・運用監視機構
(リンク »)

・コミュニティサイト運用管理体制認定基準
(リンク »)

用語解説

【携帯SNS&エンタメナビ「gumi」】
「gumi」は、テレビ、スポーツ等のエンターテインメントコンテンツを中心にユーザー同士がコミュニケーションするための携帯電話特化SNSである。また2008年8月にリリースされた国内初のモバイルアプリケーションプラットフォームである「gumiプラットフォーム」では、サードパーティはgumiAPIを利用し、OpenSocial対応のソーシャル・アプリケーションを簡単に構築できる。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社gumiの関連情報

株式会社gumi

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!