上げ潮派支持30%、財政出動派支持25%、財政再建派支持15% - 自民党の経済・財政政策について調査実施中

株式会社イクオリティ 2008年09月10日

上げ潮派支持30%、財政出動派支持25%、財政再建派支持15% ~自民党の経済・財政政策について、Web2.0型世論調査サイト『世論調査.net - みんなの声!』上で調査実施中 ~

株式会社イクオリティ(東京都台東区、代表取締役:岩山幸洋)は、

Web2.0型世論調査サイト「世論調査.net - みんなの声!」上で、
実施されている調査

『【上げ潮派】【財政再建派】【財政出動派】』の途中結果をお知らせします。


【結果】  -2008年09月10日 17:22:20現在

・上げ潮派 127票(29.95%)

・財政再建派 62票(14.62%)

・財政出動派 107票(25.24%)

・いずれも支持しない 87票(20.52%)

・分からない・その他 25票(5.9%)

・白紙票 16票(3.77%)


■結果画面へはこちらからもどうぞ
(リンク »)

リアルタイムの調査結果や詳細な属性別結果は、回答することにより閲覧すること
が可能です。
結果画面では回答者のコメントを確認できるとともに掲示板上では様々な観点から
の議論も行われております。


-------------------------------調査概要-------------------------------
調査期間 :2008年9月4日より9月22日まで実施中
調査方法 :インターネット上での公開型アンケート調査
調査対象 :インターネット利用者
回答数   :423  
回答者属性:
 男女比  男性 83.3%  
      女性 16.7%
年代比  10代 3.3%  
20代 13.2%  
30代 25.2%  
40代 25.9%  
50代 17.7%  
60代 9.9%
70代以上 4.7%
地域比   北海道 3.5% 
      東北 4.7% 
      関東 44.6% 
      中部 11.6% 
      近畿 17.9% 
      中国  5.4% 
      四国  3.3% 
      九州・沖縄 8.5%   
---------------------------------------------------------------------


■世論調査.net - みんなの声!(  (リンク »)  )について

  『世論調査.net』では、旬な話題から骨太なテーマまで、誰でも自由に調査を
  することができ、その場で世論を見ることができます。
  ホンネの議論も盛んで、多様な価値観に出会える、Web2.0時代の世論調査サイトです。
   *各調査は、同一利用者による多重回答防止に配慮したシステムにより実施されて
   おります。
  **不自然な回答をクリーニングするなどの処置により、発表調査に関しては偏りを
   補正いたしております。


■株式会社イクオリティ 会社概要
  ・会社名: 株式会社イクオリティ
  ・代表者: 代表取締役社長 岩山幸洋 (Yukihiro Iwayama)
  ・資本金: 1,000万円
  ・設 立 : 2005年12月28日
  ・住所 : 〒107-0052 東京都港区赤坂2-17-72 赤坂イーデンビル4F
  ・TEL :  03-5468-9435 ・FAX : 03-5468-7177
  ・URL :  (リンク »)  ・Email: info@equality.co.jp
  ・事業内容: -世論調査/市場調査受託(電話調査)事業
          -インターネットメディア事業
          -Webサイト構築/運用支援事業


■本件に関するお問い合わせ
  ・会社名: 株式会社イクオリティ
  ・担当者: 岩山
  ・TEL  : 03-5468-9435  ・Emai : info@equality.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

【上げ潮派】【財政再建派】【財政出動派】

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社イクオリティの関連情報

株式会社イクオリティ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?