オー・エイ・エス(OAS)、コールセンター向けCTI/CRMソリューションの最新版「デコールCC.CRM」を発表

多様なユーザニーズに合わせて柔軟なシステム構築が可能、セキュリティ対策・IT資産管理・IT統制を強力にバックアップ

オー・エイ・エス株式会社 2008年09月17日

オー・エイ・エス株式会社(代表取締役社長:海野 正、所在地:東京都千代田区)は、コールセンター市場向けCTI/CRMシステムの最新版「デコールCC.CRM (デコール・シーシー・シーアールエム)」のリリースを発表します。

オー・エイ・エス株式会社(代表取締役社長:海野 正、本社:東京都千代田区岩本町2-3-3 友泉岩本町ビル、以下OAS)は、コールセンター市場向けCTI/CRMシステムの最新版「デコールCC.CRM (デコール・シーシー・シーアールエム)」のリリースを発表します。


「デコールCC.CRM」は、『進化するコールセンターソリューション』をテーマに、従来から提供している「DeCall ContactCenter」シリーズを大幅に進化させたソリューションです。本ソリューションは、数席から数百席までのコールセンターに対応した幅広い機能を持つ製品であり、さらにお客様の業種・業務に合わせて必要な機能や連携を柔軟に組み込んだシステムを構築・ご提供することが可能です。また、シンクライアント環境や仮想化プラットフォームへの対応を実現したことにより、企業のセキュリティ対策・IT資産管理・IT統制を強力にバックアップします。


OASは、コールセンター市場やCTI/CRM市場において、約10年間の豊富な導入実績をもち、この間に蓄積した技術と経験、そしてご導入頂いた多くのお客様の『現場の声』を本製品開発に反映し、『お客様の多様なニーズに応える』というコンセプトのもとに『さらに進化』したCRMソリューションをお客様に提供してまいります。


OASは、このCTI/CRM事業で年間10億円の売上高を目標とした事業拡大を進めてまいります。


昨今、『顧客とのパーソナルコミュニケーション』を実現し、顧客の声を聞く・知る・活かす場を設けたいという声は、企業規模に関係なく強まっています。その一方で個人情報保護法やJ-SOX法などの施行に伴い、企業にはセキュリティ対策はもとより、IT資産管理・情報統制といった施策の導入も急速に進んでおります。
そのような中で、『顧客とのコミュニケーション窓口』であるコールセンターやCRMシステムには、様々な応対手段(マルチチャネル)の実現と同時に、自社基幹システムとの連携や自社独自の業務の組み込みを求めるなどニーズも多様化しております。さらに、システム導入にあたっては、確固としたセキュリティ対策への関心が高まっております。
新製品はこうした市場ニーズに対応するものです。


新製品の特長は以下のとおりです。


(1) 顧客とのコミュニケーションを一元管理・分析可能なCRMシステム


電話、メール、FAX、WEBなど、顧客一人一人とのマルチチャネルを用いた双方向コミュニケーションを詳細に記録・確認可能な経過管理機能(階層構造による対話管理)とアラート機能・分析支援機能の強化によって、「プロセス管理」「気づき」「改善サイクル(PDCA)」を提供します。また、業務状況をリアルタイムで表示する状況モニタ画面により『見える化』を促進し、更なる顧客中心型のCRMを実現します。


(2) 多様なユーザニーズに合わせた柔軟なシステム構築が可能


画一的ではないお客様それぞれのコールセンター運用ニーズに合わせ、豊富な機能や連携を柔軟に組み込んたシステムを構築・ご提供致します。自社基幹システムとの連携やFAXを中心とした業務など、今まで
パッケージの導入を諦めていたお客さまにもフィットする「お客様それぞれのニーズ」に合わせた最適なソリューションをご提供します。


(3) シンクライアント環境、仮想化プラットフォームへの対応


シンクライアント端末にも対応し、情報セキュリティ対策、IT運用管理コストの削減も支援、さらに「不正PC持ち込み」「USBメモリアクセス」「印刷」を監視・抑制するPC監視システムとの連携で、情報漏洩防止対策・IT資産管理・IT統制もサポートします。


(4) 自社開発のCTIシステムにより、マルチベンダー対応を実現


自社開発のCTIシステムにより、多数のPBXと連携が可能です。現在使用しているPBXをリプレースすることなく、「電話」を最大限に活用したコールセンターが構築できます。さらには「FAX」「WEB」「メール」等を活用したマルチチャネルCRM(様々なチャネルでのアプローチと一元管理)を実現し、通話録音・音声応答・SIPサービス等の音声ソリューションとの連携も実現可能です。


(5) 豊富な経験と高度なIT技術により、ワンストップサービスを実現


コールセンター業務に精通したエンジニアを自社に豊富に抱えており、システム導入時の課題分析から構築・運用支援までワンストップなサービスの提供が可能です。お客様の抱える課題を解決し、安定したコールセンターの運営をお手伝いします。



【オー・エイ・エス株式会社 について】
 ・所在地: 東京都千代田区岩本町2丁目3番3号(友泉岩本町ビル)
 ・代表取締役社長: 海野 正
 ・URL: (リンク »)


オー・エイ・エス株式会社(略称:OAS)は、1974年に設立、金融・流通・製造・公共・サービス業などにおけるノウハウと、Java・.NETフレームワークを中心とした高い技術力を融合させたソフトウェア開発を軸に、各種の専門サービスを提供するITソリューションベンダーです。OASは豊富なソリューションをベースにしたシステム提案、最新技術・技法を利用したシステム開発、運用保守、サポートサービスの提供と共に、コールセンターシステムや通販システムなどのCTI/CRM市場に向けた自社開発パッケージ製品の販売を行っています。


【本件に関するお問い合わせ先】
オー・エイ・エス株式会社
営業本部
ソリューション営業部
TEL: 03-5687-7343 FAX: 03-5687-7330
URL: (リンク »)

このプレスリリースの付帯情報

デコールCC.CRM

用語解説

CTIとは:
 電話やFAXをコンピュータシステムに統合する技術。サポートセンター、お客様相談室など、顧客に電話で応対するコールセンター業務に広く利用されている。
CRMとは:
  情報システムを応用して企業が顧客と長期的な関係を築く手法のこと。詳細な顧客データベースを元に、商品の売買から保守サービス、問い合わせやクレームへの対応など、個々の顧客とのすべてのやり取りを一貫して管理することにより実現する。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

オー・エイ・エス株式会社の関連情報

オー・エイ・エス株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!