大人気ハリウッドスターに注目するサイバー犯罪業界

スパム登場率No.1はアンジェリーナ・ジョリー

G Data Software株式会社 2008年09月22日

G DATAの調査によれば、最近のスパムメールにおいては、ハリウッド女優アンジェリーナ・ジョリーを話題にしたものが最も多く、全体の20%を占めていました。

ウイルス高検出率で定評のあるセキュリティソフトベンダー、G DATA Software株式会社(代表取締役社長:Jag 山本、本社:東京都千代田区)の調査によれば、最近のスパムメールにおいては、ハリウッド女優アンジェリーナ・ジョリーを話題にしたものが最も多く、全体の20%を占めていました。

ハリウッドスターたちは、テレビや雑誌のみならずスパム業界でも大人気です。彼らのニュースや動画、画像を提供するというメールのリンクをうっかりクリックすると、悪性コードが仕掛けられたサイトに導かれ、バックドアやスパイウェアに感染してしまいますので、ご注意ください。

「ストームボットの悪用者たちは、芸能界における話題を組み込んだスパムメールを使うことで犯罪の成功率を高めようと必死になっています。この手のオンライン犯罪は、全く減少することなくむしろ増加傾向にあります。当初スパム送信者は、米国『FHM』誌が選ぶ「2008年度版世界一セクシーな女性」のリストを使用しているのではないかと仮説を立てていましたが、これは正しくありませんでした。選ばれる決め手は、その人物のメディアでの露出度でした。芸能誌や情報誌などで脚光を浴びる頻度が高ければ高いほど、その人物がスパムネタとして使われる傾向が高くなっています。今回の調査結果ではアンジェリーナ・ジョリーが全スパムメールの20%に使われていました。」(ラルフ・ベンツミュラー、ジーデータ・セキュリティラボ所長)

スパムメールに使用された有名人男女別ベスト5

女性 氏名        比率
1 アンジェリーナ・ジョリー 18.0%
2 ブリトニー・スピアーズ  9.8%
3 パリス・ヒルトン     8.8%
4 マドンナ       2.0%
5 パメラ・アンダーソン   1.9%

男性 氏名        比率
1 オサマ・ビンラディン   3.4%
2 ブラッド・ピット  1.8%
3 ジョン・マケイン  1.4%
4 ジョージ・W・ブッシュ   1.2%
5 バラック・オバマ     1.1%

(調査方法: スパム収集専用のアカウントを作成し、2008年7月28日~9月14日の7週間に受信したスパムメールを収集分析。メールの件名と本文に出現する人物名を抽出し、頻出する約300名の出現数を積算し出現率を導き出した。)

スパムを送信する犯罪者の手口は、以前から大きくは変わっていません。有名人や話題の人物のお宝ビデオや画像、ゴシップ記事を提供するかのように見せかけて百万単位でメールをばらまきます。ユーザーが罠と気付かずにリンクを開こうとすると、ただちにマルウェアをダウンロードさせようとするものや、ビデオ再生のために特殊なコーデックが必要と偽ってマルウェアをインストールさせるものなどがあり、このような手法で感染してしまったPCは、ボットネットに組み込まれたり個人情報を盗まれたりするおそれがあります。

***************************
リリースPDFならびに画像は下記にございます。ご利用ください。
(リンク »)
***************************


*ジーデータソフトウェアについて
G DATA Software AGは、1985年に創業したドイツのセキュリティソフト会社です。EUを中心に、コンシュマーならびに法人向け製品を展開しています。日本法人は2007年に設立、主要製品は「アンチウイルス」「インターネットセキュリティ」「トータルケア」です。最大の特徴は、ダブルエンジンによる世界最高位のウイルス検出率であり、各誌・各テストで実証済みです。また、未知ウイルスへの防御、オンラインゲーム利用における安全対策、迷惑メールへの外国語フィルターなど、インターネットやメール環境を安全・快適にする機能を豊富に搭載しています。

*本ニュースリリースについて
本ニュースリリースに記載されている内容および製品情報については、市場動向、社会状況、経営方針の変更等により将来的に変更される可能性があります。本ニュースリリースに記載されている記載内容に関する永続的な整合性をG DATA Software株式会社が保証するものではありません。本リリースに記載されている各種名称、会社名、商品名などは各社の商標または登録商標です。

【本リリースに関する問合せ先】
G DATA Software株式会社   
101-0047 東京都千代田区内神田2-8-1冨高ビル3F 
広報窓口: 瀧本往人  
E-mail: gdata_japan_info@gdatasoftware.com 
URL:  (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

G Data Software株式会社の関連情報

G Data Software株式会社

G Data Software株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR