調査結果「タクシー全面禁煙に9割弱が『賛成』。喫煙者の賛成派は6割」

株式会社アイシェア 2008年09月22日

タクシー全面禁煙の「賛成派」は全体の9割弱。女性は男性より10ポイント近 く高かった。喫煙者でも「賛成派」が6割と半数を超え、全面禁煙に対する理 解が進んでいる様子。全面禁煙のほかに「タクシーにあったらなと思うサー ビス」を選んでもらったところ、最も多かったのは「無言タクシー(運転手 が無言)」の2割強。20代では3割を超え、運転手との会話を煩わしく感じて いる人も少なくないことを伺わせた。ほかに「女性専用タクシー」の要望も2 割を超え、女性では4割近くがサービスを希望していた。

 タクシー全面禁煙に9割弱が「賛成」。喫煙者の賛成派は6割
 発表URL: (リンク »)

<調査概要>
全国的に広まりつつあるタクシー車内での全面禁煙。2008年8月29日時点では、
28の都府県(一部市町村)で実施されているが、こうした動きをネットユー
ザーはどう感じているのだろうか。20代から40代を中心とする男女に意識調
査を行った。集計回答数404人中、喫煙者は81人(20.0%)、非喫煙者は323
人(80.0%)。

タクシーの全面禁煙についてどう思うかを聞いたところ、「賛成派」は全体
の88.6%にのぼった。性別・年代別のいずれも「賛成派」が圧倒的に多いが、
女性(93.4%)と30代(90.9%)で特にその割合が高い。また喫煙者に限っ
ても「賛成派」が60.5%と半数を超えており、全面禁煙に対する理解が進ん
でいる様子も伺えた。

一方「反対派」は喫煙者が他層よりも多かった男性と40代に目立ち、男性で
は15.2%、40代では14.3%だった。街中やオフィス等で禁煙エリアが拡大す
るなか、移動中のタクシー車内が貴重な喫煙所だという人もいるかもしれな
い。

全面禁煙のほかに「タクシーにこんなサービスがあったら」と思うものを選
んでもらったところ、最も多かったのは「無言タクシー(運転手が無言)」
の20.8%。世間話や相槌など、運転手の話相手(?)になることを煩わしく
感じる人も少なくないようだ。この「無言タクシー」の要望は、女性よりも
男性、40代よりも20代に多かった。

全体で次に多かったのは「女性専用タクシー」の20.3%。やはり女性からの
支持が高く、男性の4.9%に対し女性では39.2%の人がサービスを希望してい
る。また「禁煙タクシー」に対抗して「喫煙タクシー」を望む声も10.1%あ
り、男性(14.3%)と40代(12.5%)からの支持が特に高かった。「その他」
には「短距離(専用)タクシー」、「料金格安タクシー」、「ペット同乗快
諾タクシー」などを希望する意見があった。

<調査データ>
・タバコは吸いますか?
・タクシーの全面禁煙、賛成ですか?反対ですか?
・こんなサービスがあったらなと思うのはどれですか?
など

※男女別、年代別に集計

詳しくはWEBをご確認下さい。

<調査概要>
有効回答数:404名
調査日:2008年9月5日~8日
男女比:男性:55.2% 女性:44.8%
年代比:20代:13.4% 30代:51.7% 40代:27.7% その他:7.2%

 ────────────────────────────────
 「タクシーに関する意識調査」

 ◆詳細はURLからご利用下さい.画像などはご自由にご利用下さい。
   (リンク »)
  アイシェアのリサーチ情報公開サイト「rTYPE」
 ────────────────────────────────
■リリースについてのご連絡先
 株式会社アイシェア
 広報担当:佐藤みつひろ/いげた祐樹/白川翔一
 TEL:03-6661-1944  FAX:011-640-4775
 e-MAIL:info<@>ishare1.com URL: (リンク »)
 ※<@>を@として下さいませ。

■会社概要/事業内容
 株式会社アイシェア
 ・インターネットリサーチ
 ・メール転送サービス
 ・ブログメディアサービス
 ・携帯コンテンツの運営

 詳しくは下記ホームページをご参照下さい。
 URL: (リンク »)

 当リリースに含まれる素材(ページ)はご自由にご掲載下さいませ。
────────────────────────────────

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社アイシェアの関連情報

株式会社アイシェア

株式会社アイシェアの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR