利用率は71.8%、最も満足度が高かったのは「住信SBIネット銀行」~「インターネットバキング」に関する調査結果~

インターワイヤード株式会社 2008年09月25日

From PR TIMES

●利用率は71.8%、利用者の95.4%が「今後も利用したい」
●最も満足度が高かったのは「住信SBIネット銀行」


ネット上で銀行のサービスが利用できるインターネットバンキング。
近くに銀行がない人、忙しくて銀行に行けない人には助かるサービスです。

インターワイヤード株式会社運営のネットリサーチサービス「ディムスドライブ」(本社:東京都品川区)では、
『インターネットバンキングに関する調査』を2008年5月28日~6月5日にかけて行い、
利用している銀行やサービス、満足度などについてまとめました。
10代~60代以上のDIMSDRIVE登録モニター9,859人から回答を得ています。

調査結果の詳細  (リンク »)



<インターネットバンキング利用率は71.8%>
インターネットバンキングは7割の71.8%が「現在利用している」と回答。
「過去に利用し、現在は利用していない」4.4%を合わせた利用経験者は76.2%であった。

利用率(「現在利用している」)は、40代男性が最も高く81.4%で、
30代男性と40代男性は8割を超えている。
女性は最も高い30代でも69.7%と7割に満たず、男性の方が利用率は高い。
また、ネットトレーディングをしている人では、トレーディングの頻度に関わらず利用率が85%を超えている。

-------------------------------------------------------------
<ネットバンキングには利便性と手数料の安さを重視>
ネットバンキング利用経験者に“利用している/したサービス”を尋ねたところ、
「残高照会・入出金照会」が91.6%で最も多く、次いで
「振込み、口座振替」78.4%が続き、この2項目が圧倒的であった。
以下、
「ネットショッピングなどの支払い/決済」45.4%、
「入金等のお知らせメールサービス」32.5%、
「住所・暗証番号などの登録情報の変更」22.8%と続いた。
「宝くじの購入・競馬・競輪など」は18.6%だった。

ネットバンキングを利用する理由は、
「窓口やATMに行かなくてよいから」が最も多く73.1%、
「24時間いつでも利用できるから」72.2%、
「手数料が安い/無料だから」56.2%、
「リアルタイムで振込み・決済などができるから」41.9%と続いた。

また、ネットバンキングに重視することについては、
「24時間、いつでも利用できる」が最も多く79.8%、次いで
「手数料が安い/無料」66.0%、
「セキュリティ対策がしっかりしている」50.7%、
「操作がしやすい」40.7%、
「ネットショッピングなどの決済がしやすい」35.8%と続いた。

「24時間」と「手数料が安い/無料」については“利用している理由”でも上位であり、
ネットバンキングには欠かせない要素である事が伺える。

-------------------------------------------------------------
<最も満足度が高かったのは「住信SBIネット銀行」>
現在利用しているインターネットバンクは「イーバンク銀行」がダントツに多く84.3%で、
続く「ジャパンネット銀行」の25.3%より59ポイントも多かった。
以下、「ゆうちょ銀行」24.9%、「三菱東京UFJ銀行」21.1%、「三井住友銀行」17.8%と続いた。
上位2行はネット専業の銀行という結果だった。
メイン利用の銀行についても、「イーバンク銀行」が51.4%と半数を占めた。

メインで利用している銀行の満足度については、
満足している人の割合は「住信SBIネット銀行」が最も高く96.6%であった。
【ソニー銀行】と【セブン銀行】も95.2%で9割を超えた。
(セブン銀行は回答者数50未満の為参考値)

-------------------------------------------------------------
<利用者の95.4%が、「今後も利用したい」>
今後の利用意向を尋ねたところ、
現在利用している人では「(今後も)ぜひ利用したい」66.1%、「まあまあ利用したい」29.3%となり、
95.4%に今後の利用意向があることが分かった。

利用している人と利用経験のない人では利用意向の差が大きく、
利用経験の無い人では『利用してみたい』26.0%よりも『利用してみたくない』38.2%の方が多い結果となった。


-------------------------------------------------------------
■調査概要
調査方法 : インターネットを利用した市場調査
調査期間 : 2008年5月28日~6月5日
有効回答数 : DIMSDRIVE登録モニター男女 9,859人

■調査項目
・ネット上のサービスの利用状況
・インターネットバンキングの利用経験
・利用しているネットバンキングのサービス
・ネットバンキングを利用する理由
・ネットバンキング利用頻度
・利用はパソコンからか、携帯電話からか
・ネットバンキングに重視すること
・現在利用するネットバンク、メイン利用のネットバンク
・メインで利用するネットバンクの満足度
・ネットバンキングを利用しない理由
・今後の利用意向

-------------------------------------------------------------

●ネットリサーチのDIMSDRIVE
インターワイヤード株式会社が運営する『DIMSDRIVE』は、全国に18万人のモニターを擁し、
インターネットリサーチを通じて調査企画・設計から分析・提案までを提供する、
マーケティングのトータルソリューションサービスです。
広告効果測定や新製品需要調査など、目的に応じた調査でお客様の戦略立案をサポートしています。

DIMSDRIVEホームページ (リンク »)


●インターワイヤード株式会社
<所在地>東京都品川区東品川2-2-25 サンウッド品川天王洲タワー3F
<TEL>03-5463-8255
<ホームページ>  (リンク »)
<代表者>斉藤 義弘
<事業内容>ネットマーケティングリサーチサービス「DIMSDRIVE」運営

-------------------------------------
■調査結果に関するお問い合わせ先■
DIMSDRIVE(ディムスドライブ)事務局
担当 : 三浦
TEL : 03-5463-8256(DIMSDRIVE事務局)
Email : timely@dims.ne.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

インターワイヤード株式会社の関連情報

インターワイヤード株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!