2008年上半期の中国における携帯端末の出荷台数は第2四半期に前年比19.2%下落したものの、前年比18.5%の上昇

株式会社グローバル インフォメーション 2008年09月26日

From DreamNews

先端分野の市場情報を提供する株式会社グローバル インフォメーション(神奈川県川崎市、代表取締役社長:小野 悟)は、米国調査会社EJL Wireless Researchの発行する最新の英文調査報告書「China Mobile Handset Market Analysis - Second Quarter 2008」の販売を開始いたしました。
Nokiaがトップを維持、Samsungが苦戦するMotorolaを追い越す。米国の調査会社EJL Wireless Researchは、2008年第2四半期の中国における携帯端末生産量および出荷台数を分析した調査報告書「China Mobile Handset Market Analysis - Second Quarter 2008」を発行致しました。2008年の中国における第2四半期の携帯端末出荷台数は、第1四半期と比較して16.4%減少しました。同書は、四半期および年次ごとに、中国国内市場におけるGSMおよびCDMA対応携帯端末の生産および販売に関する独自の予測を提供しており、Changhong, Haier, Huawei, Lenovo, LG, Motorola, Nokia, Samsung, および ZTEといった主要な端末ベンダーも分析しています。EJL Wireless Researchの創立者であり社長のEarl Lum氏は、「Nokiaが引き続き、中国におけるGSMおよび全体的な端末市場を支配している一方、SamsungがGSMの出荷台数においてMotorolaを抜き去り、2番目に大きなベンダーとなりました。CDMA市場においては、Huaweiが2008年第1四半期に市場へ参入した直後、トップサプライヤーの位置に躍り出ました。」と述べています。Motorolaの中国におけるGSMおよびCDMAに対する需要は引き続き低調ものとなっています。GSM出荷台数は、回復の兆しが見えず、四半期ベースの取引高で2006年レベルの75%近くに落ち込みました。Lum氏はまた、「Huawei や ZTEといった中国内の端末サプライヤーは、CDMA端末市場を支配し始める態勢にありますが、第2四半期のGSM市場においては、外国ベンダーが75%の市場シェアを獲得しているため、著しく不利となっています。」とも言及しています。【 英文市場調査報告書 】China Mobile Handset Market Analysis - Second Quarter 2008中国における携帯端末市場の分析:2008年第2四半期 (リンク ») Wireless Research出版日2008/09【 本件に関するお問合せ先 】株式会社グローバル インフォメーション〒215-0004 川崎市麻生区万福寺 1-2-3アーシスビル 7階担当: 営業1課E-mail:sl1@gii.co.jp電話: 044-952-0102FAX: 044-952-0109

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!