高収益への期待と魅力的なサービスの登場で注目を集める産業市場向け無線ブロードバンド

株式会社グローバル インフォメーション 2008年09月29日

From DreamNews

先端分野の市場情報を提供する株式会社グローバル インフォメーション(神奈川県川崎市、代表取締役社長:小野 悟)は、米国調査会社Senza Fili Consultingの発行する最新の英文調査報告書「Bringing wireless broadband to vertical markets.」の販売を開始いたしました。
加入者数が飽和状態に達し、月間通信事業収入(ARPU)も伸び悩んでいる先進国の市場で、無線通信事業者が今後業績を伸ばす余地のある数少ない市場の1つと見られているのが産業別市場です。通信事業者は、各種産業用途に対応する無線ブロードバンドサービスを提供することにより、これまで無視してきた全く新しい市場を獲得することができます。また新興国の市場においても、企業向けのサービスは不十分であり、事業者にとっては今後の収益が期待できる有望な市場といえます。
無線ブロードバンド分野を専門とする調査会社Senza Fili Consultingが発行した調査報告書「Bringing wireless broadband to vertical markets. A high-margin revenue stream for operators and compelling services for enterprises and public entities」は、世界の無線ブロードバンド(3G、WiMAX、LTE)事業者の産業別市場におけるビジネスチャンスに焦点を当てたもので、長期的な展望を示すとともに、市場の成長促進要因についても詳細に分析しています。

主な調査結果
・各種産業用途に対応する無線ブロードバンドサービスの売上高は430億ドルに達する見通し
・各種産業用途に対応するサービスの売上高は、無線ブロードバンド接続サービス全体の7%に相当
・産業別市場で最も規模が大きいのはアジア太平洋地域の市場であり、全体の29%を占める見通し
・産業別市場の柱となるのは、自動車用テレマティックスとモバイルスタッフ向け接続サービス
・各種産業向け接続サービスは、WiMAX接続サービス市場の24%、LTE接続サービス市場の16%、3G接続サービス市場の8%を占める見通し【 英文市場調査報告書 】Bringing wireless broadband to vertical markets.産業別市場におけるワイヤレスブロードバンドの市場機会 (リンク ») Fili Consulting出版日2008/09
【 本件に関するお問合せ先 】株式会社グローバル インフォメーション〒215-0004 川崎市麻生区万福寺 1-2-3アーシスビル 7階担当: 営業1課E-mail:sl1@gii.co.jp電話: 044-952-0102FAX: 044-952-0109

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR